クラフトビール、ブームは続く
ロサンゼルス経済に与える影響大

beer-926616_1280

 ロサンゼルス・タイムズの9月18日付の記事(“Craft brewing could be the next boom industry in Los Angeles County”)によると、今年、ロサンゼルス郡にすでに6軒の新たなクラフトビール醸造所が誕生した。
 ロサンゼルスのクラフトビール業界の成長速度はあまりに早く、正確な規模が把握できないほどだが、今後もオープンが続く見込み。
 サンディエゴのナショナル・ユニバーシティー・システム・インスティチュート・フォー・ポリシー・リサーチが調査した。ロサンゼルス郡のクラフトビール醸造所、醸造所直営のパブ、下請醸造業者などを対象に調べた結果、2015年に地元経済に与える影響は6600万ドルと推定される。業界の売り上げは9000万ドル以上、消費税による収益は1000万ドル以上となる見通しだ。
 ロサンゼルス郡における醸造免許の約半数は、過去2年間に発行されたものだった。
 世界的に有名なサンディエゴのクラフトビール業界に比べれば、ロサンゼルスにはまだ成長の余地がある、というのが調査担当者の認識だ。
 サンディエゴ郡では、クラフトビール業界が2014年に地元経済に与えた影響は6億ドルだった。ロサンゼルス郡の人口は、サンディエゴ郡の倍以上だ。
 人口の多さと国際的な港の存在が、ロサンゼルス郡を醸造地として魅力的な場所にしている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る