クラフトビール、ブームは続く
ロサンゼルス経済に与える影響大

beer-926616_1280

 ロサンゼルス・タイムズの9月18日付の記事(“Craft brewing could be the next boom industry in Los Angeles County”)によると、今年、ロサンゼルス郡にすでに6軒の新たなクラフトビール醸造所が誕生した。
 ロサンゼルスのクラフトビール業界の成長速度はあまりに早く、正確な規模が把握できないほどだが、今後もオープンが続く見込み。
 サンディエゴのナショナル・ユニバーシティー・システム・インスティチュート・フォー・ポリシー・リサーチが調査した。ロサンゼルス郡のクラフトビール醸造所、醸造所直営のパブ、下請醸造業者などを対象に調べた結果、2015年に地元経済に与える影響は6600万ドルと推定される。業界の売り上げは9000万ドル以上、消費税による収益は1000万ドル以上となる見通しだ。
 ロサンゼルス郡における醸造免許の約半数は、過去2年間に発行されたものだった。
 世界的に有名なサンディエゴのクラフトビール業界に比べれば、ロサンゼルスにはまだ成長の余地がある、というのが調査担当者の認識だ。
 サンディエゴ郡では、クラフトビール業界が2014年に地元経済に与えた影響は6億ドルだった。ロサンゼルス郡の人口は、サンディエゴ郡の倍以上だ。
 人口の多さと国際的な港の存在が、ロサンゼルス郡を醸造地として魅力的な場所にしている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る