バレンタイン in ニューヨーク③「Neuhaus」ベルギー正統派の歴史を楽しむ

 まもなくバレンタイン・デーがやってくる。ニューヨークで、日本人に人気があるショップから、バレンタインに向けた新商品や、甘いものツアーの情報を教えてもらった。

Neuhaus Valentine's Collection Courtesy of Neuhaus

Neuhaus Valentine’s Collection
Courtesy of Neuhaus

 日本で長く愛されているベルギーのチョコレートのブランドといえば、「Neuhaus」(ノイハウス)だ。
 1857年創業というから、「GODIVA」(ゴディバ)よりも歴史は古い。1912年に、ベルギーで最初に、フレッシュなクリームやガナッシュ入の、チョコレート・プラリネをつくった会社としても有名だ。当時のレシピを今も守っている。

 バレンタインデーの定番コレクションは、ベルギー伝統のギフトボックス「Ballotin」に入っている。8個入り16ドル、17個入り32ドル、34個入り63ドルの3種類。
 アソートメントは、どれも正統派の味わい。ナッツやミルクもしっかり楽しめて、素材の新鮮さと質の高さが実感できる。

Neuhaus Valentine's collection Courtesy of Neuhaus

Neuhaus Valentine’s collection
Courtesy of Neuhaus

 2016年の新コレクションは、エレガントなハート型のギフトボックスに入っているのが特徴。ヘーゼルナッツとアーモンドのフレーバーをきかせたもの、パッションフルーツとクッキー、キャラメル味など、新しいチョコレートも含まれている。
 小さなピンクのノートつきで、ロマンチックな言葉も書き込める。2個8ドル、16個32ドル、30個64ドル。

Neuhaus Liquor Collection Courtesy of Neuhaus

Neuhaus Liquor Collection
Courtesy of Neuhaus

 お酒好きの人には、「Single Malt Whisky」のコレクションがおすすめ。
 「チョコレート・オタク」向けには、最近発売された「History Collection」(55ドル)を。160年に及ぶ、ノイハウスのチョコレートの歴史が詰まったセットだ。

Neuhaus History Collection Courtesy of Neuhaus

Neuhaus History Collection
Courtesy of Neuhaus

 これほど有名なブランドながら、ノイハウスのブティックは、空港免税店を除くと、全米に8カ所しかない。そのうち3店舗がニューヨーク・マンハッタンに集中している。マディソン・アベニューの旗艦店、グランドセントラル構内、レキシントン・アベニューの3カ所だ。
 最近できたフルトン・センターにも、4店舗目となるブティックが、まもなくオープンするという。

Neuhaus Whiskey 24-piece Box Courtesy of Neuhaus

Neuhaus Whiskey 24-piece Box
Courtesy of Neuhaus

⚫︎Madison Avenue Flagship Boutique
500 Madison Avenue (Corner of Madison and 52nd), New York, NY 10022

⚫︎Grand Central Station Store
460 Grand Central Terminal at 42nd Street, New York, NY 10017

⚫︎Lexington Avenue Boutique
569 Lexington Avenue at 51st Street, New York, NY 11022

◾️詳細:www.neuhauschocolate.com

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  2. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  3. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  4. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  5. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  6. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  7. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  8. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  9. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  10. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
ページ上部へ戻る