トーランス クラフトビール最前線 ②
Absolution Brewing Company

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

「トヨタ、ホンダ、日産の米国拠点。日系駐在員の大きなコミュニティーがあり、日本食レストランのメッカ」。ロサンゼルス近郊の街トーランス(Torrance)は、在米日本人の間ではそんなイメージで知られてきた。しかし最近のトーランスは、「クラフトビールの流行発信地」という、ずいぶん違った顔をもつ。南カリフォルニアはもとより全米・海外からもビール好きが訪れる、トーランスのマイクロ・ブリューワリーを、数回にわたって紹介する。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

 トーランス市役所の北東に、ウェアハウスを兼ねたオフィススペースが並ぶ一画がある。ちょっとハイエンドなビジネスパーク。こんなところにブリューワリーが隠れているのかな、と思いながら扉をあけると、「アブソリューション」(Absolution)の広々としたタップルームがあった。

 アブソリューションの特徴は、「旧世界と新世界の掛け合わせ」だ。18〜19世紀にイギリスで生まれたエールづくりのテクニックに、21世紀のアメリカのスタイルを加えた。炭酸をおさえているので、ホットドッグやハンバーガーから寿司まで、料理と組み合わせやすい。

 天然の素材だけを使って、質の高いビールを少量生産することにこだわる。チーフ・テイスティング・オフィサーで共同経営者のナイジェル・ヒースさんは、これを「Farm to Glass」(農場からグラスへ)と呼ぶ。食の世界で当たり前になった「Farm to Table」(農場から食卓へ)にひっかけたフレーズだ。

 タップで常に20種類ほどのビールが楽しめる。人気があるのは、「ホーリー・カウ」(Holy Cow)。ロサンゼルスのビール事情を取り上げたフォーチュン誌の記事で紹介され、注文する人が増えた。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

 トーランスにあるマイクロ・ブリューワリーの中では、ここが一番大きなタップルームをもっている。トヨタやホンダをはじめとする地元企業が、この場所を借りてイベントやミーティングをするそうだ。商談しつつ、つくりたての美味しいビールが飲めるのだから言うことなし、だろう。

 ビジネスパークは通常、夜や週末はひっそりとするものだが、アブソリューションにはいつも人が集まり、フードトラックが来る夜は特ににぎわう。

 ヒースさんは、「今のクラフトビール人気は、20年前にワインに起きた状況によく似ていると思う」と言う。「ワインといえば赤か白かしか知らなかったアメリカ人が、カベルネ、ピノ、メリタージュなど違いを理解し、たしなむようになった。クラフトビールも、イーストがどう、ホップがどう、と語れるまでに市場が洗練されてきている」

Photo Courtesy of Absolution Brewing Company

Photo Courtesy of Absolution Brewing Company

 アブソリューションがオープンしたのは2013年秋。サンディエゴ、サンフランシスコ、ポートランド、シアトルと「クラフトビールの聖地」に囲まれながらも、ロサンゼルスはまだ大量生産のビールが主流を占めていた。

 混みすぎて競争が激しい場所を避けてロサンゼルスを選び、その中でもトーランスを拠点にしたのは、市長をはじめとする地元の全面的な協力体制があったからだ、とヒースさんは言う。

 クラフトビールを通じて街を活気づけたい、サンディエゴのようにビールで人を世界から呼びこめる街にしたい…。それが、ヒースさんをはじめ、トーランスでクラフトビールづくりに関わる人たちの共通した思いだ。

Photo Courtesy of Absolution Brewing Company

Photo Courtesy of Absolution Brewing Company


Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Absolution Brewing Company
2878 Columbia Street
Torrance, CA
310-490-4860
absolutionbrewingcompany.com

 タップルームの営業時間は、水木3〜9pm、金土11am〜10pm、日12〜6pm。ガイドつきツアーもある。
種類が豊富なビールは、「Fallen Archangel」「Cardinal Sin」「Angels Demise」「Purgatory」「Penance」「Convert」など、ネーミングもユニーク。10月は季節限定の「Pumpkin Porter」を出す。ルートビアやクリームソーダもある。
 タップルームで飲めるサンプラーは、4オンスを6種類選べて、10ドル。飲んで気に入ったビールは、瓶や缶に詰めて買って持ち帰れる。場所柄、日本人もたくさん飲みに来て、女性客が特に多いという。
 カリフォルニア州内の量販店などでも買える。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

佐藤美玲 (Mirei Sato)

佐藤美玲 (Mirei Sato)

ライタープロフィール

東京生まれ。子供の時に見たTVドラマ「Roots」に感化され、アメリカの黒人問題に対する興味を深める。日本女子大英文学科アメリカ研究卒業。朝日新聞記者を経て、1999年、大学院留学のため渡米。UCLAアメリカ黒人研究学部卒業・修士号。UMass-Amherst、UC-Berkeleyのアメリカ黒人研究学部・博士課程に在籍。黒人史と文化、メディアと人種の問題を研究。2007年からU.S. FrontLine誌編集記者。大統領選を含め、アメリカを深く広く取材する。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る