第88回アカデミー賞大予想!!

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

今年もアカデミー賞の時期がやってきた。2月28日の現地時間夕方から開催される授賞式。今年は、候補者が発表されるやいなや、メインの部門となる主演・助演の男優・女優賞の20人が昨年に続き全員白人だったことで物議を醸したが、ここでは、受賞者・作品予想だけに絞って書いていこうと思う。

 

© Academy of Motion Picture Arts and Sciences

© Academy of Motion Picture Arts and Sciences


 

レオ、念願のオスカー受賞確実?!
演技賞候補は絞られ済み

 今回で5度目の候補入りとなったレオナルド・ディカプリオ。ここ数年、オスカーを受賞した巨匠監督と組んで、これでもかの渾身演技を披露してオスカーを狙うもことごとく逃している彼だが、強烈なダメ押しとなった「The Revenant」で悲願のオスカーを手に入れられそうだ。前哨戦となる全米映画俳優組合と英国のアカデミー賞で主演男優賞を受賞済みなだけでなく、同僚達からの称賛コメントの追い風もあり、確実だろう。また、映画関係者の多くは、「贈ってしまってお互い安らぎを得ようじゃないか」という気持ちになっているのもなきにしもあらずだ。

「The Revenant」より © 2015 Regency Entertainment (USA), Inc. and Monarchy Enterprises S.a.r.l.

「The Revenant」より
© 2015 Regency Entertainment (USA), Inc. and Monarchy Enterprises S.a.r.l.


 

 主演女優賞は、「Room」のブリー・ラーソンが最有力。インディペンデント映画で活躍してきたラーソンは、同作で観客を大いに泣かせる演技を披露する。「Carol」でケイト・ブランシェットは、表情の微妙な変化で感情を見事に表現しきっており、その演技力に圧倒されるが、彼女はすでに2つのオスカーを入手済みなので、今年は可能性が低いと言えよう。

© HollywoodNewsWire.co

© HollywoodNewsWire.co


 

1

2 3 4 5 6 7

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. カリフォルニア州ガーデングローブにオフィスを構えるGK Design International...
  2. 幼児期の日本語教育は 人格形成の大事なステージ 幼児期は、どのように過ごすか...
  3. インターネットトレンド2019
    ベンチャーキャピタルファーム「Bond Capital」のジェネラルパートナーMary Me...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040」を自...
  5.  アメリカの現地校に通い、アメリカで暮らしていると、日本語を使う機会はお母さんと話す程度...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る