第88回アカデミー賞大予想!!

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

今年もアカデミー賞の時期がやってきた。2月28日の現地時間夕方から開催される授賞式。今年は、候補者が発表されるやいなや、メインの部門となる主演・助演の男優・女優賞の20人が昨年に続き全員白人だったことで物議を醸したが、ここでは、受賞者・作品予想だけに絞って書いていこうと思う。

 

© Academy of Motion Picture Arts and Sciences

© Academy of Motion Picture Arts and Sciences


 

レオ、念願のオスカー受賞確実?!
演技賞候補は絞られ済み

 今回で5度目の候補入りとなったレオナルド・ディカプリオ。ここ数年、オスカーを受賞した巨匠監督と組んで、これでもかの渾身演技を披露してオスカーを狙うもことごとく逃している彼だが、強烈なダメ押しとなった「The Revenant」で悲願のオスカーを手に入れられそうだ。前哨戦となる全米映画俳優組合と英国のアカデミー賞で主演男優賞を受賞済みなだけでなく、同僚達からの称賛コメントの追い風もあり、確実だろう。また、映画関係者の多くは、「贈ってしまってお互い安らぎを得ようじゃないか」という気持ちになっているのもなきにしもあらずだ。

「The Revenant」より © 2015 Regency Entertainment (USA), Inc. and Monarchy Enterprises S.a.r.l.

「The Revenant」より
© 2015 Regency Entertainment (USA), Inc. and Monarchy Enterprises S.a.r.l.


 

 主演女優賞は、「Room」のブリー・ラーソンが最有力。インディペンデント映画で活躍してきたラーソンは、同作で観客を大いに泣かせる演技を披露する。「Carol」でケイト・ブランシェットは、表情の微妙な変化で感情を見事に表現しきっており、その演技力に圧倒されるが、彼女はすでに2つのオスカーを入手済みなので、今年は可能性が低いと言えよう。

© HollywoodNewsWire.co

© HollywoodNewsWire.co


 

1

2 3 4 5 6 7

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る