技術の進歩に仰天!「The Jungle Book」

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

©2016 Disney Enterprises, Inc. 

©2016 Disney Enterprises, Inc. 


 1894年に出版された「The Jungle Book」は、少年と動物の交流を描いた物語で、ディズニーは1967年にアニメ映画で映像化を実現させたが、今回は、最新のテクノロジーを使って実写映画化を実現させた。

 主人公モーグルと交流する動物たちは人間の言葉をしゃべる。実際の動物を調教するのには限界があり、演出は不可能に近い。そこで本作では、動物たちをCGで制作し、モーグルの映像と合体させた。しかし、映画を観る限り、動物たちがCGだとはとても思えない。全部がCGと聞くまでは、「口の動きのCGはスムーズだし、うまく調教したな~」と思ってしまったほどだ。毛並みや動作も自然だが、何よりも体温が伝わってくるほどのリアル感を持っている。

 4K解像度の3D映像にも仰天した。まるでジャングルの中にいるような錯覚に陥るほど鮮明なのだ。シリアスな場面とユーモラスな場面のバランスも絶妙な本作は、入場料以上の見応えの作品と言えよう。(4月15日公開)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 人事・総務関連業務のアウトソーサー リログループは1967年創業、人事・総...
  2.  カリフォルニアワインの質と評価が、世界的に認知されたのは喜ばしい。しかしながら、高騰し続け...
  3. アメリカの東部、ノースカロライナ州とテネシー州にまたがるグレート・スモーキー山脈国立公園は、...
  4. 日本に251店舗 日本の「いきなり!ステーキ」は、1号店を4年4カ月前にオ...
  5. 私は「ポジティブ皮膚科学」という概念を提唱しています。人々の心を明るく、気持ちを前向きにする...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る