疲れる映画?!「Love & Friendship」(5月13日から劇場公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

© 2016 Roadside Attractions

© 2016 Roadside Attractions

 本作を観るには覚悟が必要だ。なぜなら、英国なまりと当時の言い回しで、登場人物たちがひたすらしゃべり続けるからだ。しゃべりの内容からストーリーを把握していかなければならないために、じっと耳を傾け理解しなければならず、かなり疲れる。

 19世紀の作家ジェーン・オースティンの短編小説「Lady Susan」の映画化となる本作は、当時としては挑戦的な手法を採用した原作に倣ってか、映画もやや挑戦的な手法を用いている。新たな登場人物が出てくる度に、人物関係図よろしく、顔写真の下に名前と地位や主人公らとの関係の文字情報を映し出す。耳だけでは付いていくのが難しい展開の助けにはなっているが、英語を速読できない限り、それらをすべて読み終えることはできない。英語が非ネイティブな観客にとって2重の挑戦と言えよう。ただ、セリフがイマイチ理解できなくても、ヘアや衣装の素晴らしさにひたすら圧倒される作品だった。(5月13日公開)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. インターネットトレンド2019
    ベンチャーキャピタルファーム「Bond Capital」のジェネラルパートナーMary Me...
  2. まだ暑い9月ですが、一足先に秋のメニューをご紹介します。主菜には、北海道の郷土料理、ちゃんちゃん焼き...
  3. 幼児期の日本語教育は 人格形成の大事なステージ 幼児期は、どのように過ごすか...
  4. 前を走っている車が跳ねた石が、車のフロントガラスに当たって傷がついた経験がある人も多いと思い...
  5. NY旗艦店の手応え  五番街にあるニューヨークの旗艦店はおかげさまで非常に好調ですね。...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る