ロサンゼルス郊外バーバンク空港
ウーバーやリフトで駐車場収益が減少

 ロサンゼルスの北にあるボブ・ホープ空港(通称バーバンク空港)が、ウーバーやリフトなどの配車サービスの影響で、駐車場の収益減少に直面している。客待ちをするウーバーやリフトが、駐車場の出入口をふさいでいるという苦情も頻発している。
 11月9日付ロサンゼルス・タイムズの記事(“Ride-sharing services hurting Bob Hope Airport parking revenues, officials say”)が伝えた。
 駐車場収益は同空港にとって非常に大きい。昨年は、駐車場料金だけで月150~180万ドルの収益があったという。
 こうした状況を受けてボブ・ホープ空港では、ウーバーやリフトなど新種の配車サービスの爆発的増加を管理し、渋滞を軽減し、ターミナルに乗車・降車用の決められたスペースを設ける暫定的措置を取ることを決めた。
 降車についてはこれまで通りターミナルの縁石側で行うことが認められるが、乗車については短期駐車場のスペースを配車サービス用に空け、ウーバーやリフトが道路をふさがないようにするという。
 運転手は、会社またはサービス名を見える位置に表示し、許可された場所以外でピックアップを行った場合、違反チケットが発行される。60日以内に3回の違反行為があると、そのサービス会社は6カ月間空港への出入りを禁じられる。
 また配車サービスの運転手は、駐車場の利用料金を支払わなければならない。ボブ・ホープ空港によれば、配車サービスの駐車によって月に2700ドルの駐車料金増収が見込まれる。
 ロサンゼルス国際空港(LAX)でも、ウーバーやリフトの利用を大幅に解禁する方針だが、同様の悩みが生じることが予想されている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  2. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  3. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  4. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  5. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  6. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  7. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  8. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
ページ上部へ戻る