ロサンゼルス郊外バーバンク空港
ウーバーやリフトで駐車場収益が減少

 ロサンゼルスの北にあるボブ・ホープ空港(通称バーバンク空港)が、ウーバーやリフトなどの配車サービスの影響で、駐車場の収益減少に直面している。客待ちをするウーバーやリフトが、駐車場の出入口をふさいでいるという苦情も頻発している。
 11月9日付ロサンゼルス・タイムズの記事(“Ride-sharing services hurting Bob Hope Airport parking revenues, officials say”)が伝えた。
 駐車場収益は同空港にとって非常に大きい。昨年は、駐車場料金だけで月150~180万ドルの収益があったという。
 こうした状況を受けてボブ・ホープ空港では、ウーバーやリフトなど新種の配車サービスの爆発的増加を管理し、渋滞を軽減し、ターミナルに乗車・降車用の決められたスペースを設ける暫定的措置を取ることを決めた。
 降車についてはこれまで通りターミナルの縁石側で行うことが認められるが、乗車については短期駐車場のスペースを配車サービス用に空け、ウーバーやリフトが道路をふさがないようにするという。
 運転手は、会社またはサービス名を見える位置に表示し、許可された場所以外でピックアップを行った場合、違反チケットが発行される。60日以内に3回の違反行為があると、そのサービス会社は6カ月間空港への出入りを禁じられる。
 また配車サービスの運転手は、駐車場の利用料金を支払わなければならない。ボブ・ホープ空港によれば、配車サービスの駐車によって月に2700ドルの駐車料金増収が見込まれる。
 ロサンゼルス国際空港(LAX)でも、ウーバーやリフトの利用を大幅に解禁する方針だが、同様の悩みが生じることが予想されている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 2017年秋、南カリフォルニア日系商工会議所の前会頭だったキティ・サンキーさんが、長年の地元...
  2. 2017年10月1日

    心の病 相談室
    Q.1 在米日本人が発症するうつ病は、どのような経緯で陥るケースが多いのでしょうか?A....
  3. 2016年11月2日

    第97回 The Sato Project
     The Sato Projectというアニマル・レスキュー団体で、日々情熱を注ぎ活...
  4. 高校も3年目になると「AP」クラスなるものが登場する。APとはAdvanced Placem...
  5.  成田で観光といえば、なんといっても「成田山新勝寺」だ。地元の人が「お不動さま」...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る