日本でロケ!! 近未来映画「Equals」(7月15日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

© A24

© A24

 人気の若手俳優クリステン・スチュワートとニコラス・ホルトが近未来を舞台に恋人同士を演じる本作は、トキメキとドキドキと胸キュンの連続で観る者を切なくさせる。

 感情や肌の接触を排除した近未来で、感情を持ってしまった青年サイラスと同僚のニア。惹かれ合う2人は、オフィスのトイレやサイラスの自宅で愛を育み始める。やがて2人は、感情を持った者たちのユートピアと言われる場所に行くことを決意するのだが……。

 新潟県長岡市にある長岡造形大学で撮影された本作。サイラスとニアの職場として登場する、コンクリートの壁と窓に囲まれた吹き抜けの空間の建物は、映画の世界観を表現するのに多大な効果を発揮していた。クリーンでどこか冷たい建築物と、青々とした眩しい緑とのコントラストが実に素晴らしかった。シンプルなデザインの建物と自然との共存は、日本らしいと言えよう。

 カメラワークも抜群だった。プロダクション・デザインの美しさを存分に切り取っていたが、それだけではない。触れあいを否定する世界ゆえに、公に手をつなぐことができないサイラスと二アだが、手が触れそうで触れない切ないコミュニケーションにキュンとしてしまうのだ。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 「アメリカの学校は2カ月半も夏休みがあって、しかも宿題がないんでしょ?」と日本から来たばかり...
  2.  東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  3.  アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  4.  成田で観光といえば、なんといっても「成田山新勝寺」だ。地元の人が「お不動さま」...
  5. 日本酒とは 日本酒は「米、米麹、水を原料として発酵させてこしたもの」で、かつ「アルコール度...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る