ジョニデがウザい?!「Alice Through the Looking Glass」(5月27日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

© 2014 Disney Enterprises, Inc. 

© 2014 Disney Enterprises, Inc. 

 ハッキリ言おう。筆者はジョニー・デップの演技が嫌いだ。行き過ぎと足りなさのバランスが微妙にずれていて、わざとらしかったりリアル感が足りなかったりするからだ。本作では特にそれが悪目立ちしていた。しかも、メイクは前作よりさらにどぎつく、時にはデーモン小暮と見まごう瞬間もあった。

 ストーリーはこうだ。死んだと思っていた家族が生きていると思い始めた帽子屋(デップ)は自分の言葉を友人達が信じてくれないがために病気になり、瀕死の状態になっていた。そんなタイミングでアリスが鏡を通って彼らの世界に戻ってくる。帽子屋の家族の生死を確認するため、「時間」を出し抜いて、時をさかのぼるアリス。やがて彼女は「時間」の残した「過去を変えることはできないが、学ぶことはできる」という言葉の意味を知るのだった。

 原作「鏡の国のアリス」と内容は全く違っているが、うまく話をまとめており、アリスが現実世界で経験することと「不思議の国」でのそれが呼応しているのが小気味よかった。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. コツコツ取り組んでいれば チャンスは必ず訪れる Maruhide Marine Pr...
  2. 名産のチーズと ラクロスゆかりの町 広いアメリカ、まだ知られていない旅先...
  3. SHISEIDO 資生堂が、Bio-Performanceからの2つの商品を含む2016年秋の新作...
  4.  2017年2月、東京に所用ができ、2泊することになった。宿泊先として以前から興味を覚えてい...
  5. ハワイ諸島主要8島の北西に、小さな島々が点々と広がるエリアがあるのをご存知だろうか。ここパパ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る