ウディ・アレン、分身を得る?!(7月15日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

© 2016 Gravier Productions, Inc.

© 2016 Gravier Productions, Inc.

 自身のルーツ、ユダヤ系のネタを交えながら、万人受けするユーモアを繰り出して観客をうならせてきたウディ・アレン。御年80歳ながら、精力的に映画製作を続ける彼の新作「Café Society」は、1930年代のハリウッドとニューヨークを舞台にした青春ストーリーだ。裏方に徹したアレンに代わって、彼の分身とも言える役を見事こなしたのが、主人公ボビーに扮したジェシー・アイゼンバーグ。元々、早口気味にセリフをしゃべる彼だけに、アレン特有の独り言のような早口セリフを実に自然に表現し、アレンにとって分身を見つけて大満足だったのではないだろうか。筆者も太鼓判の分身ぶりだった。

 その反面、ヒロイン役のキャスティングにはやや違和感を覚えた。ボビーがハリウッドで出会い、ゾッコンとなったヴォニーにはクリステン・スチュワートを、ニューヨークで知り合うヴェロニカにはブレイク・ライブリーを起用しているのだが、スチュワートはヴォニー役には線が細すぎるし、ライブリーはヴェロニカ役には線が太すぎるのだ。人気の若手女優をミューズとして起用する傾向のあるアレンだが、配役をミスってしまったと言えよう。2人が逆転していたら……、有りだったかもしれないが、それでもライブリーはアイゼンバーグよりも身長も高く体格も大きいので、逆転しても厳しかったかも……。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る