外食の自動化進む
ピザやブリトーの自販機も

 自動販売機市場が進化し、ピザやブリトーなどの販売機まで登場している。
 ブルームバーグ通信によると、自販機食品開発ボックス・ブランズ(カリフォルニア州)のブリトー自販機「ブリトーボックス(Burritobox)」は、すでにカリフォルニアやウィスコンシン州などに25台置かれており、今後50台が増える予定。ニューヨーク市ではグランドセントラル駅に1台置かれる。
 ボックス・ブランズ共同設立者のデニス・コチ最高経営責任者(CEO)は、ランチを自販機で買うことに抵抗を感じる人がいることは理解しているが「これは自販機ではなく自動化されたレストラン。ブリトー自体はすべて人間の手作り」と説明する。レストランにも料理を供給する厨房で作られたブリトーは、時に冷凍した状態で自販機向けに出荷され、機械に入れる前に解凍される。1日一回は担当者が自販機をのぞき、在庫が新鮮かどうか確認している。
 一方、ピザの自販機(2万9920ドル)を製造する24/7ピザボックス(フロリダ州)によると、自動販売のピザにはまだブランドがなく、各地のピザ店や加工食品会社が好みのラベルで自社のピザを販売する方式で、現在はフロリダやイリノイ州シカゴのピザ店が試験販売中だという。
 また、イリノイ州の回転寿司店スシ・ステーションでは、オーテック製の寿司ロボット(1万9000ドル)を2台使っている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
ページ上部へ戻る