外食の自動化進む
ピザやブリトーの自販機も

 自動販売機市場が進化し、ピザやブリトーなどの販売機まで登場している。
 ブルームバーグ通信によると、自販機食品開発ボックス・ブランズ(カリフォルニア州)のブリトー自販機「ブリトーボックス(Burritobox)」は、すでにカリフォルニアやウィスコンシン州などに25台置かれており、今後50台が増える予定。ニューヨーク市ではグランドセントラル駅に1台置かれる。
 ボックス・ブランズ共同設立者のデニス・コチ最高経営責任者(CEO)は、ランチを自販機で買うことに抵抗を感じる人がいることは理解しているが「これは自販機ではなく自動化されたレストラン。ブリトー自体はすべて人間の手作り」と説明する。レストランにも料理を供給する厨房で作られたブリトーは、時に冷凍した状態で自販機向けに出荷され、機械に入れる前に解凍される。1日一回は担当者が自販機をのぞき、在庫が新鮮かどうか確認している。
 一方、ピザの自販機(2万9920ドル)を製造する24/7ピザボックス(フロリダ州)によると、自動販売のピザにはまだブランドがなく、各地のピザ店や加工食品会社が好みのラベルで自社のピザを販売する方式で、現在はフロリダやイリノイ州シカゴのピザ店が試験販売中だという。
 また、イリノイ州の回転寿司店スシ・ステーションでは、オーテック製の寿司ロボット(1万9000ドル)を2台使っている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  2. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
  3. 移民法 永住権(グリーンカード) 永住権の取得は、結婚による申請や雇用による申...
  4. 2023年10月8日

    若者の自殺
    かなり重いテーマになってしまうのだけれど、最近、若い世代の自殺について考えさせられることが...
  5. 2023年10月6日

    フィレンツェの日々
    フィレンツェの遠景 誰にでもささやかな夢がある。イタリアで長い休暇を取ってみたかった娘家族は...
  6. 縦横無尽に川が流れ、湖や湿地帯、針葉樹林などの美しい自然が広がるピマチオウィン・アキ。世界複合遺産...
  7. こどもの進学の資金集め、老後の生活など、さまざまな理由で資産運用を始めたい人のために、アメ...
  8. パンデミックの終焉とともに、今年の春以降、各国間の交流が再開した。そして私は5月、日本の某学校法人...
ページ上部へ戻る