子供の人工膵臓を手作り
糖尿病管理で親、市販品待てず

diabetes-528678_640

 糖尿病患者の生活を少しでも楽にするために、自家製ツールを作る人が増えている。
 ウォールストリート・ジャーナルによると、カリフォルニア州サンディエゴに住む小学3年生のアンドリュー・カラブリース君は体がインスリンを作れない1型糖尿病で、常に教科書とともに人工膵臓(すいぞう)が入ったバックパックを背負っている。この人工膵臓は市販されておらず、ソフトウェア・エンジニアである父親ジェイソンさん(41)の手作り。自作するための公開情報を集めたウェブサイト「オープンAPS(https://openaps.org)」を頼りにした。人工膵臓は皮下センサーで5分おきにアンドリュー君の血糖値を計測し、必要な量のインスリンをポンプから補給する。すべて親の責任で作ったが、学校に持っていくことに関しては医師の承諾を得ている。
 自分や家族のために材料を購入したりコードを書いたりして人工膵臓を作っている人は50人を超える。業界でクローズド・ループ・システムとも呼ばれる人工膵臓は、何十年も前から研究が続いているが、センサー技術の向上で最近ようやく血糖値の常時計測が可能になった。いくつかの企業はすでにこうした装置の開発に取り組んでいる。しかし商品の開発や食品医薬品局(FDA)の認可には何年もかかるため、技術と知識を持った一部の人々は市販を待てずに自分で作っている。
 FDAには医師や患者が手製の装置を使うことに関しては何の権限もなく、それを販売または配布しない限り自家製インスリン・ポンプの使用を止める力はない。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る