第18回 「八百八橋はないけれど」

文&写真/小野アムスデン道子(Text and photos by Michiko Ono Amsden)

2層になった高さが目立つ「鉄橋Steel Bridge」Photo © Michiko Ono Amsden

2層になった高さが目立つ「鉄橋Steel Bridge」
Photo © Michiko Ono Amsden

東西に川で分かれる
町を繋ぐのは12の橋

 ポートランドは、町を東西に分けるようにウィラメット川が真ん中を流れている。そこに中央部だけで9つ、合計だと12もの橋がかかっていて、「ブリッジタウンBridgetown」というニックネームがあるぐらい。ポートランド国際空港があるのは町の東側なので、空港から自宅のある西側に向かうのに、ウィラメット川にかかるいずれかの橋を渡っていく。隣の橋もいくつか見えて、あーポートランドに戻って来たなという感じがする。

 川によって東西に分かれるポートランドを、さらに南北に分けている道路バーンサイドから続く橋が「バーンサイド橋Burnside Bridge」。1926年に出来た跳ね橋で、2012年にアメリカの国家歴史登録財となった。橋には、イタリア・ルネサンススタイルの塔が立ち、橋を渡った西側にポートランドのアイコンの一つでもあるホワイトスタッグ(Portland Oregon)のサインがかかっていて、夜には光り輝く。クリスマスには、鼻が赤くなって、この赤鼻のトナカイはポートランドのこの季節の風物詩だ。

 また、世界でもユニークな鉄製の二重橋で、立ち姿が目立つ「鉄橋Steel Bridge」は、上層が車やMAXというライトレール(軽量軌道交通)用、下層がアムトラックと歩行者および自転車用。

 この鉄橋の横で赤く塗られて目立つ橋が「ブロードウェイ橋Broadway Bridge」。世界一長いバスキュール橋(跳開橋)として造られ、かつては黒い色の橋だったのが1963年に目立つ金門橋の赤に塗り直された。

オレゴン富士のフッド山が向こうに見える「ロス・アイランド橋Ross Island Bridge」も美しい。Photo © Michiko Ono Amsden

オレゴン富士のフッド山が向こうに見える「ロス・アイランド橋Ross Island Bridge」も美しい。
Photo © Michiko Ono Amsden

橋を愛するイベントも
エコなポートランド流

 
 近年、新たに加わった橋が、2015年に出来た「ティリカム・クロッシング Tilikum Crossing」。“Tilikum”は、この地のネイティブアメリカン、チヌーク族の言葉で“人々”という意味。この橋は、歩行者、自転車、バスやライトレールなどの公共交通機関のための橋で、自家用車は通れないという、とてもサスティナブルなポートランドらしい“人々のための橋”なのである。

 これらの橋は、Tシャツやコーヒーマグ、コースターなどや、デザイナーズジュエリーのモチーフにまで使われている。そして、毎夏に「ブリッジペダルBridge Pedal」という自転車で橋を渡るイベントがあって、いくつかコースはあるが最長は橋すべてを60km走って渡るというもの。ウィラメット川にかかるいくつもの橋を愛するポートランド市民のまことにポートランドらしいお祝いイベントだと言えるだろう。

参考/Travel Portland 記事
https://www.travelportland.com/article/bridges-portland/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

小野アムスデン道子 (Michiko Ono Amsden)

小野アムスデン道子 (Michiko Ono Amsden)

ライタープロフィール

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ。旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、翻訳多数。日本旅行作家協会会員。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る