昨日までの同僚女性が、ある日突然部下になったら

「グッドモーニング!」
朝の8時。いつもどおりに出社し、いつものメンバーにご挨拶。挨拶は常に笑顔を心がけています。誰だって無表情な挨拶よりはスマイルがいいですよね。こちらに来たばかりの日本人の中には少々シャイな方々もいらっしゃいますが、ここはアメリカ。どーんと朝から行きましょう!

ひと口に「ワーキングウーマンin USA」といっても、現地採用か日本からの出向か、はたまたフリーランスかパートかなど、様々なパターンがありますね。いずれにせよ海外で働いていると、日本ではちょっと考えられない体験をすることも多いかもしれません。

そんな時「これだから海外勤務は嫌だ」と不平不満を言いながら仕事を続けるのか、それとも現地のやり方を受け止め柔軟に対応していくのか。ほんの少しの心の切り替えで、日々のワーキングライフがガラリと変わると思います。せっかく何かのご縁でアメリカで働くことになったのですから、楽しんでお仕事したいものですね。

さて、かくいう私は現地採用のパターン。今年で在米勤務16年目ですが、今でも日々発見の連続です。
僭越ながら、私の過去の体験をご紹介したいと思います。

アメリカの企業では、日本のような年功序列制度をとっていません。そのため勤続年数や年齢に関係なく、昨日までの同僚がある日突然自分の部下になったりすることがあります。また、日本のような新卒一斉採用を実施していないため、業務をまったく知らない人が他社から中途採用で自分の上司となり、一から仕事を教えてあげないといけないといった場合もよくあります。ここでは基本的に性別は関係ありません。

私は「ある日突然、同僚が自分の部下となる」ケースを経験しました。

当時の私は役職なしの一般社員。アメリカ人女性の同僚Nと楽しく仕事をしていました。彼女は私と同年代で趣味も合う、とてもいい同僚でした。彼女の口癖は「マネージャーって大変そう。私は今のポジションで普通に仕事していきたい」でした。

そんなある日、社内の組織変更があり、Nが私の部下となったのです。今まで仲良くしていたし、Nの口癖から言っても今までの関係を続けられると思っていましたが、間違っていました。目に見えてNの態度が変わってきたのです。「自分の方が仕事ができるのになぜYukoが選ばれたのか」と周りに言うようになったり、今までなら絶対にないミスをして私がやり直しする羽目になったり。周囲が見ても明らかにおかしいと感じる態度を取るようになりました。

この状況を私の上司に告げてトップダウンでNをたしなめてもらうこともできましたが、そうせず、代わりに取った手段をご紹介します。

まずは、突然上司っぽい態度を取るのではなく、慎重にゆっくりシフトしていきました。それから、とにかく「聞く」こと。こまめに状況をフォローし彼女の言い分や不満を聞きました。もちろん最初から口を割ってくれることはなく、表面上は「Everything is all right」ばかり。ゆっくり時間をかけNと共感できることは同意しつつ、「私は敵じゃないよ。このグループを良くして、プロジェクトを一緒に達成していこう。そのために貴女が不可欠」という点を真摯に伝えることに努めました。

一方でチームのメンバー全員に公平に接するようにし、彼女だけ特別にならないよう気をつけました。

半年後には、Nはとてもいいチームメンバーになっていました。結局Nは家の事情で翌年退職しましたが、10年以上経った今でも時々連絡を取り合っています。

文化の違いに加え、女性同士でのこういった問題はこんがらがると厄介。ですがその一方で、女性だからこそ、細かい部分に気を使えるところもあるはず。からまった糸をゆっくり解いていく心持ちでアプローチしたいものです。

同じアメリカで働く女性の皆様、今日も一日頑張っていきましょう!

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

北村祐子 (Yuko Kitamura)

北村祐子 (Yuko Kitamura)

ライタープロフィール

在米23年。津田塾大学を卒業後に渡米し、ルイジアナ大学でMBAを取得後、テキサス州ダラスにある現在の会社で勤務すること20年目。ディレクターとして半導体関係の部品サプライチェーン業務に関わるかたわら、アメリカで働く日本人女性を応援しようと日々模索中。モットーは、「鳴かぬなら 鳴かせてみせよう ホトトギス」。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る