住まいの中途解約は
契約時の合意がカギ

帰国日が決まったら、住まいの解約手続きを進めよう。賃貸の場合は何カ月前までに解約通知が必要か、契約書に記載がある。契約内容を事前に確認し、突然の帰任辞令でもなるべく早めに大家さんへ通知するのが好ましい。「通知は日付入りの書式かEメールなど記録に残る方法がベスト。書式の場合は受領サインももらいましょう。通知内容には引越し予定日、明け渡し日、デポジット返却の方法などを明記します」と話すのは、不動産会社ダグラス・エリマンのブローカー、阿久津裕子さん。

賃貸契約の期間は通常1年または2年で、中途解約は罰則金が課されるケースもある。「駐在員の方は契約時に中途解約となる可能性の理解を大家さんに求め、契約書に2、3カ月前の通知でペナルティ無しで解約可能な文言を含めてもらうのがキーです」。

家の明け渡し時に行われるのが、大家さんまたは管理会社の人と一緒に内装を点検する“ウォーク・スルー”。破損があれば事前に修理し、当日は家を空にして清掃された状態にしておこう。「大家さんによってはプロの清掃を要望することもあり、点検時に満足のいく状態でなければ清掃代をデポジットから引かれる場合も。破損部分の修理や清掃方法は事前に大家さんと相談して対処すれば、デポジットも戻りやすいですよ」と阿久津さんはアドバイスする。

取材協力:Douglas Elliman Real Estate
https://www.elliman.com
1

2

3 4 5 6
Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  2. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  3. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
  4. イリノイ州の南西、ミシシッピ川のすぐそばに位置するカホキア・マウンド州立史跡は、北アメリカ最...
  5. 2021年8月5日

    第81回 街に出ようよ
    1年半のコロナ禍を経て、ようやく以前の人間らしい生活が再開した。この時を待ち望んでいた。屋外...
  6. 老化を引き起こす3つの要因 老化を加速させる3つのキーワードは、“酸化” “糖化” “炎症”。夏は...
  7. 「日本酒の未来をつくる」をビジョンに掲げて2013年に設立された、日本酒事業を行うスタートア...
  8. オンライン上のプライバシーに関する問題は思ったよりも複雑で、デジタルプライバシーを保護するこ...
ページ上部へ戻る