「A lot of」の言い方に飽きてませんか?

これまで英語を話す多くの日本人と接してきて、ほとんどの方は「沢山の〜」や「大量の〜」を英語で言う際に「a lot of」のフレーズを用いており、他の言い回しで表現している人をあまり見かけたことがありません。今日は「a lot of」と言い変えられる表現を紹介するので、これらも意識して使うようにして、現状の英語力にさらに磨きをかけましょう!


1) A bunch of
→「たくさんの・かなりの数の」

“Bunch”は元々「束ねる」や「束」を意味することから、“A bunch of”は基本的に、同じ種類や同じたぐいの物事がたくさんある場合に使われる話し言葉です。例えば「漫画をたくさん持っています」は「I have a bunch of manga.」になります。

✔︎「沢山」をより強調したい時は「A whole bunch of」。

・I picked up a bunch of fruits from the grocery store.(スーパーで沢山フルーツを買いました。)
・He threw away a bunch of old clothes.(彼は大量の古着を捨てました。)
・I took a whole bunch of pictures in Hawaii.(ハワイでめっちゃめちゃ写真撮ったで〜。)

2) A ton of
→「たくさんの・大量の」

「1000kg」を「1トン」と表すように、本来“Ton”は重量単位を表す単語です。1トン=1000kgと大重量ということから、日常会話では「たくさんの〜」や「大量の〜」の意味として使われるようになりました。上記の“a bunch of”よりも「沢山」の度合いが強いですが、対象は同じ種類や同じたぐいの物事とは限りません。また、日本語の「超〜」と似た表現で、沢山あることを多少大げさに言っている響きもあります。

✔︎“Tons of”も用法と意味は全く同じ。(ロスでは“Tons of”をよく耳にする。)

・She makes a ton of money online.(彼女はネットで大金を稼いでいます。)
・I’ve got tons of errands to run today.(今日は用事が山ほどあります。)
・She wears tons of makeup. I wonder how long it takes her to get ready every morning.(彼女、めっちゃ厚化粧やな・・・毎朝の準備にどれくらい時間かかってるんやろか。)

3) Plenty of
→「十分な・たっぷりな・潤沢な」

“Plenty”は「十分に」や「豊富に」を意味することから、“Plenty of”は、何かが十分にあること、または必要以上にたっぷりある状況で使われます。例えば、買い出しに行った友達が電話でお酒がいるか尋ねてきて、「お酒は十分にあるから、お茶を買ってきて。」と返答する場合は「We have plenty of alcohol. Can you buy some tea?」になります。

✔︎否定文では使わない。

・We have plenty of gas. We’ll make it to Las Vegas.(ラスベガスまでのガソリンは十分にあります。)
・Make sure you rest and drink plenty of fluids. I hope you get better soon.(ゆっくり休んで、十分に水分補給するように。お大事に。)
・I got plenty of room in my trunk. I think we’ll be able to fit everyones suitcase in it.(うちの車のトランクは余裕あるし、みんなのスーツケースも入る思うで。)

4) Dozens of
→「数十個の・数十人の」

“Dozen”とは、同じ種類のものが12個のセットになった「1ダース」を意味します。会話では「沢山」というニュアンスを含めて「数十個の〜」や「数十人の〜」などを表す際に“Dozens of”が用いられます。ちなみに、「half a dozen」は「6個」、「a dozen」は「12個(1ダース)」、「2 dozen」は「24個(2ダース)」になります。

✔︎「沢山」をより強調したい時は「dozens and dozens of」。
✔︎「数百個・数百人」は「hundreds of」、「数千個・数千人」は「thousands of」

・There were dozens of students who didn’t receive the email.(メールを受信していない生徒が数十人いました。)
・We ordered half a dozen oysters and a pound of shrimp.(カキを6個、エビを1パウンド[約453グラム]注文しました。)
・Dozens and dozens of customers complained about their poor service.(いい加減なサービスに、大勢のお客さんがクレームをつけた。)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る