英語で『付き合う(恋愛)』を自然に表す

恋愛話のなかで「〜さんと付き合う」というフレーズを皆さんはどのように表現していますか?この「付き合う」という英表現は、辞書で調べてみると沢山の表現が紹介されており、どれを使ったらいいのか困ったことのある人も少なくないでしょう。今日はネイティブが「付き合う」を表現する際に、よく使っているフレーズをご紹介します。


1) Dating _____
→「〜と付き合う」

この表現は「〜と付き合う」と「〜とデートをする」の両方を意味します。付き合っている意味として用いる場合は、付き合い始めてまだ間もなかったり、遊び半分で付き合っている関係といった具合に、とても軽い響きがあるので使い方には気を付けましょう。デートをする意味として用いる場合は、基本的に「I’m going on a date with ◯◯.(◯◯さんとデートします)」のように、“Date”を名詞として扱い、前置詞の“with”が必要です。

✔︎「◯◯さんと付き合っています。」→「I’m dating ◯◯.」
✔︎真剣な付き合いを求めず、色々な人とデートすることを“Casual dating”や“Dating around”と表すこともできる。しかし、両者のニュアンスは微妙に異なり、“Casual dating”は、出会いを積極的に求めているわけではなく、気軽にデートする感じで、ネガティブなニュアンスは殆どないのに対し、“Dating around”は、色々な人とデートしたり付き合ったりする「遊び人」のようなネガティブなニュアンスがある。

・How long have you been dating him?(彼とはどれくらい付き合っているの?)
・We’ve been dating for a month.(私たちは付き合って一ヶ月です。)
・Are you dating Lisa?(リサと付き合っているの?)
・I’m casually dating.(気軽な感じのお付き合いをしているよ。)
・He’s dating around.(彼は色々な子に手をだしてるで。)

2) Going out with _____
→「〜と付き合う」

日常会話で「〜さんと付き合っている」とカジュアルな感じで言う際に頻繁に使われる表現です。但し、使い方によっては「〜と遊びに行く/出かける」または「〜とデートに行く」も意味します。例えば「I’m going out with ◯◯ tomorrow」のように、具体的な日時(ここでは“tomorrow”)を含めることで、単に遊びに行くことを示すことになります。デートに行く場合は、「I’m going out on a date with ◯◯」のように表現しますが、人によっては“On a date”を省略するので、その場合は会話の流れや状況で判断する必要があります。

✔︎「◯◯さんと付き合っています。」→「I’m going out with ◯◯.」
✔︎“Seeing someone”も同じ意味合いとして使われる表現だが、具体的に〜「〜さんと付き合っている」と表現するのではなく、漠然と「付き合っている人(恋人)がいます」と表現する場合に用いられる。しかし、まだ付き合う前の関係の場合にも使われることもある。

・How long have you been going out with her?(彼女とはどれくらい付き合っているの?)
・We’ve been going out for a month.(私たちは付き合って一ヶ月です。)
・I’m going out with my friends tonight.(今夜、友達と遊びに行きます。)
・I’m going out (on a date) with Tracy this Friday.(今週の金曜日にトレイシーとデートすんねん。)
・She’s seeing someone.(彼女は付き合っている人がいます。)

3) Together
→「付き合い・交際」

“Together”は「一緒にいる」の意味の他にも、日常会話では「付き合い」や「交際」を一言で表す場合にもよく用いられます。この表現のポイントは、基本的に付き合っている「期間」について話す場合に用いられ、単に「◯◯さんと付き合っています」と表現する場合に「I’ve been together with ◯◯.」とは言いませんので気を付けましょう。

✔︎一度別れた後によりを戻すことを「Got back together」と表現します。

・How long have you been together?(付き合ってどのくらいになるの?)
・We’ve been together for 5 years.(5年間付き合っています。)
・Are they still together?(彼らはまだ付き合っているの?)
・They got back together.(あの子ら、より戻したで〜。)

4) Serious relationship
→「真面目なお付き合い」

結婚前提の真面目なお付き合いや、長期間の交際を表現する際によく使われるフレーズです。因みに「彼は◯◯さんと真剣に付き合っています。」を「He is in a serious relationship with ◯◯.」と言うことも出来ますが、真剣に付き合っている相手の名前を述べるより、単に「He is in a serious relationship」という方が自然です。

✔︎2人の関係が徐々に真剣になってきた時は「Getting serious」と表す。

・They are in a serious relationship.(彼らは結婚を前提に真面目に付き合っています。)
・I’m looking for a serious relationship.(真面目な交際を求めています。)
・They’re getting pretty serious.(あの子らな、真剣に付き合いだしてるわ。)
・Does he want a serious relationship?(彼は真面目な出会いを欲してるの?)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  2. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  3. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  4. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  5. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  6. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  7. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  8. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
ページ上部へ戻る