総まとめ!「Would」の活用法 (前編)

これまで私が生徒さんから最もよくされた質問の一つが「would」の使い方でしょう。wouldを用いた表現は本当に沢山あり、それら全てを説明するのは容易ではありません。そこで今回、過去の記事でも紹介した用法を含め、日常会話において基本となるwouldの用法を、4つの状況毎になるべく分かりやすくまとめてみました。長くなりますが、どうぞ最後まで読んでみて下さい。


過去の話をする時

1) I thought it would rain.
→「雨が降ると思っていました」

過去のある時点で、その先に起こることを予め予測や推測をしていたことを示す言い方です。例えば、「I thought it would rain so I brought an umbrella.(雨が降ると思っていたので、傘を持ってきました)」や「Since I was a kid, I knew I would become a teacher.(私は子供の時から先生になると分かっていました)」のように表現できます。

また、「He said he would _____.(彼が〜すると言っていました)」のように誰かが(過去に)言ったことを他の誰かに伝える状況でも使われます。ポイントは、誰かが何かをすると約束したり、何かをすると意思を述べたことを、他の誰かに伝える状況で用いるのが一般的です。例えば、「He said he would buy coffee for us.(彼は私たちにコーヒーを買うと言っていました。)」や「She said she would talk to him about that issue.(その問題について、彼女は彼に話すと言っていました)」という具合に使われます。

✔︎Wouldの後は動詞の原形がフォロー。

・When I met my wife 5 years ago, I knew I would marry her one day.(5年前に妻と出会った当初から、私たちは結婚すると思っていました。)
・I never thought this proposal would go through.(この提案が通らないことは最初から分かっていました。)
・She said she would come to the party.(彼女はパーティーに来ると言っていました。)

2) She would not help me.
→「彼女は手伝ってくれようとしませんでした」

Wouldの後にnotを付け、否定文(Would not)にすることで「〜しようとしなかった」という意味になります。基本的に何かしらの依頼や申し出に対し、乗り気じゃない、協力的じゃない、積極的に応える意欲がない、などのニュアンスで断ったことを表します。例えば、親に何度も仕送りをして欲しいと頼んでるが、いっこうにしてくれない状況では「My parents would not send me money.(私の両親は、仕送りをしようとしてくれない)」と言うことができます。

また、人に限らずテレビやパソコン、車などの機能に対してもwould notを使うことができます。例えば、「今朝、車のエンジンがかかりませんでした」は「My car would not start this morning.」となります。

✔︎肯定文にしても「〜してくれた」とはならず、意味が変わってしまうので注意。「My parents would send me money」と言うと「両親が仕送りをしてくれた」とはならずに、「両親が(何度も)送金した」を意味する。詳しくは下記の3)の解説を参照。

・I asked him many times but he would not tell me what happened.(彼に何回も聞きましたが、何が起こったのか教えてくれませんでした。)
・My girlfriend is really upset with me. She would not talk to me.(彼女は私に怒っていて口をきいてくれませんでした。)
・I charged my phone but it would not turn on.(携帯を充電したけど電源が入らなかった。)

3) In the summer, I would go camping with my friends.
→「夏によく友達とキャンピングに行っていました」

過去によくやっていた行動パターンや習慣を表す際にもwouldが使われ、used to(よく~したものだ)と似たような役割を果たします。しかし、used toの場合は、習慣となっている行動がより高頻度なもので、且つ“今はもうしていない”ということを強調するニュアンスがあるのに対し、wouldの場合は、習慣となっていた行動頻度が週1回であろうと年1回であろうと、その頻度には関係なく「よく〜した」ということが話の趣旨となります。例えば、「When I was a kid, my grandmother would bake cookies.(子供の頃、私の祖母はよくクッキーを焼いてくれていました)」と言うと、クッキーを作る頻度ではなく、祖母がクッキーを作ってくれていたことが要点になります。それに対し、「私は高校生の頃、毎日サッカーの練習をしていました」と言いたいのであれば、used toを使って、「I used to practice soccer every day in high school.」と言うのが適切です。“毎日練習していた”ことが強調され、且つ“今はもう練習をしていない”ことが相手に伝わります。

✔︎過去の“状態”を表す場合はwouldではなくused toを使う。例えば「過去にオートバイを持っていました」は「I used to have a motorocycle.」と言い、「I would have a motorcycle」とは言わない。

・When I lived in Japan, I would go out drinking almost every week.(日本に住んでいた頃、ほぼ毎週飲みに行っていました。)
・Sometimes she would come over and cook Mexican food for us.(時々、彼女はうちにきてメキシカン料理を作ってくれました。)
・During the winter, I would get together with my friends and do a nabe party.(冬に友達とよく鍋パーティーをしていました。)

仮定の話をする時

1) If I won the lottery I would buy a house.
→「もし宝くじが当たったら家を買います」

架空の話や実際には起こり得ない出来事について話す時にもwouldを使います。一般的に「If _____, I would _____.(〜だったら〜する)」の形式で表現します。例えば、「世界中のどこにでも住めるとしたら、ハワイに住みます」は「If I could live anywhere in the world, I would live in Hawaii.」と言います。

✔︎文末に「if I knew」に付け足してもOK。

・If you could date a celebrity, who would it be?(もし、芸能人と付き合えるとしたら、誰と付き合う?)
・I would tell you where she was if I knew.(彼女がどこにいるか知っていたら教えているよ。)
・If I found a hundred dollars on the ground, I would take it to the police station.(もし100ドルを拾ったら交番に届けます。)

2) Would you try online dating?
→「あなただったら出会い系サイトを試してみますか?」

相手に“もしも”の質問を投げかける時は「Would you _____?」と表現するのが定番で「あなただったら〜しますか?」を意味します。相手の意見やアドバイスを尋ねる場合は「What would you _____?」と表現します。例えば、「あなただったらどうしますか?」と聞くなら「What would you do?」、販売員に「あなただったら何をお勧めしますか?」と尋ねるなら「What would you recommend?」となります。

・Would you date someone older than you?(あなただったら年上の人とお付き合いしますか?)
・What would you do? Would you apologize?(あなただったらどうしますか?謝りますか?)
・Would you be open to living abroad?(あなただったら外国に住むのはありですか?)

3) If I were you I would apologize.
→「私だったら謝ります」

「私だったら〜する」と相手の立場になって何かしらのアドバイスや提案をする場合に使われる表現です。shouldを使った表現よりも控えめに助言したい場合にピッタリの言い回しです。例えば、東京で給料の良い仕事のオファーが入ったが、家族の不幸で地元に引っ越さないといけなくなってしまったと友達に相談され、「私だったら仕事のオファーを断るかな」と言うなら「If I were you I would turn down the offer.」となります。

✔︎日常会話では「If I were you」を省いて、「I would _____」と直接言うことも一般的。
✔︎「If I were in your shoes, I would ______.(私があなたの立場だったら、〜をします」という言い方もある。

・If I were you I wouldn’t go.(私だったら行かないね。)
・This milk expired 5 days ago. I wouldn’t drink that if I were you.(この牛乳の消費期限、5日前じゃん。私だったら飲まないよ。)
・I would call them and ask for a refund.(私だったら電話して返金を求めるけど。)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る