【ニューヨーク不動産最前線】
世界のアールデコ界の首都

先週、私のアパートが入っているビルでまたドラマ撮影がありました。夕方ビルに帰ってみると、狭いロビーに50〜60人の役者さんや撮影隊が集まっていて、さらに照明がロビーをガンガン照らしていて、前もって聞かされてはいましたが、一瞬「どこ?」と思ってしまいました。

ニューヨークでは、しょっちゅういろんな所で映画やドラマの撮影をしていますが、実は建物の中での撮影を許可しているビルは少ないのです。セキュリティの問題があるので、不特定多数の人が出入りするのは危険だし、住民の迷惑にもなるので、ボードの許可が下りないからです。

私たちのビルは、ボードプレジデントが(自称)俳優だということもあり、かなりこういうことには寛大です。もちろん、建物使用料が入るのでビルの収入にもなるし、うちのビルでは住人も大っぴらに反対する人はいません。でもそれだけではないようです。先週は設定が70年代のドラマだったそうで、俳優たちのいでたちがどうもレトロな感じがしたのですが、それがこのビルの雰囲気ととてもマッチしていました。

私たちのビルは築88年のPre-Warビルで、かつアールデコ様式なので、今回の撮影にはぴったりだったのかもしれません。アールデコとは1920年代、30年代に流行し、直線的な幾何学模様のデザインが特徴の様式です。私のように特に建築の専門家でなくとも、一度見れば記憶に残る、単純かつ美しいデザインです。

そういえば前から思っていたのですが、ニューヨークってアールデコ様式のビルがとても多いです。思いつくだけでも、クライスラービル、エンパイアステートビル、ロックフェラーセンター、ラジオシティ(劇場)などなど。町を移動していても、有名なビルもそうでないものも、住宅ビル・商業ビルを問わず、あらゆるところにアールデコの建物があります。もちろん内装もアールデコです。

そう思って少しネットで見てみると、ニューヨークは「世界のアールデコ界の首都」だそうです(参考:https://artdeco.org/what-is-art-deco/artdeconyc)。その少し前に流行したアールヌーボーの曲線的で繊細な様式に比べて、直線的で男性的な感じのするアールデコは、20世紀初めに摩天楼の建設ラッシュだったニューヨークの発展と力強さのシンボルだったのかもしれませんね。余談ですが、私はくねくねしたアールヌーボーよりも、すっきりとしたアールデコの方が好きです(笑)。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

柏原知子 (Tomoko Kashihara)

柏原知子 (Tomoko Kashihara)

ライタープロフィール

大阪女子大学(現:大阪府立大学)卒業後、CBRE Japan(現)に入社。東京で外資系企業のオフィス移転担当ブローカーとして働いた後、ニューヨーク勤務に。1999年より住友不動産販売NYで住宅ブローカーとして活躍。趣味は旅行とトレッキング。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る