Vol.025:Natural Products Expo West 2019に行って来ました!

ナチュラルプロダクト(自然派、オーガニック系食品、サプリやプロダクト)に関する全米最大の展示会Natural Products Expo West 2019が、3月6日〜9日の4日間にわたりカリフォルニアのアナハイムコンベンションセンターにて開催されました。

今回で3回目の参加。毎年恒例でわかってはいましたがとにかく大きい!3時間歩き続けても、半分回れてない気がします。。。当日の写真と一緒に、感じたことなど含めレポートします。

今年2019年も、昨年同様に約3,500社の企業が出展したそう。近年、他業界の展示会がスローになっている話を耳にすることが増えましたが、ナチュラルプロダクト関連はまだまだ勢いのある業界・マーケットなんですね。

いわゆる”アマゾンエフェクト”と言われるように、実際に街を歩いていてもショッピングモール(百貨店)やアパレル系、その他のリテイルショップの店舗が消えいく中、自然派グロッサーリーストアはどんどん増えているように思います。

今回、個人的に印象に残ったプロダクトは、

ルビーカカオのチョコ / Ruby Cacao Chocolate:見た目も綺麗な新しい自然派食品や

MATCHA:ここ数年、抹茶関連の食品は増える一方ですね

マリファナ関連商品:大麻草から抽出されるCBDオイルを使った商品など

Cold Brew Coffee:昔はアメリカのコーヒー屋さんにアイスコーヒーなんてなかったなぁ

やっぱり健康を最重要視した食品系、その他

日本発の食品メーカーさんも頑張っていて嬉しい!

「食」は昔から私たちの生活の中で最も重要なものであり、経済的に見たマーケットの大きさも最大級。それだけ、企業活動としても世界に与えるインパクトは大きくやり甲斐もありますよね。

ものが溢れるこの時代、大手企業による安さを売りにした大衆商品よりも本質的な「こだわり」を持った中小企業とそれを支えるファンが一緒になったコミュニティというか共同体の様なものが増えていくのでは?と希望的観測として述べておきます。

弊社としては、そんな「こだわり」を持った企業さんのアメリカ進出やマーケティングのお手伝いができるサービス体制を整え、お役に立てる存在になるべく精進あるのみだと改めて思いました。

また来年も参加したいと思います。
一緒に行って見たい!という方がいればお気軽にお声がけください!

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

板倉光孝 (Mitsu Itakura ゼロハチロック:CEO)

板倉光孝 (Mitsu Itakura ゼロハチロック:CEO)

ライタープロフィール

カリフォルニア州レドンドビーチ在住。愛知県豊田市生まれ。21歳で渡米後、レストランでアルバイトをしながら、バンド活動とサーフィンに没頭。メディア運営に興味を持ち始め、ビジネスの世界へ。
全米最大級の日系オンラインメディア運営会社にて、広告販売を中心とした営業部の立ち上げ、新規エリア開拓、マーケティング戦略・イベント企画の立案、遂行など、営業/販売サイドの統括責任者として実績を残す。11年連続売上増に貢献した後退社。2016年1月、米国法人 Zero-Hachi Rock, Inc.を設立。ロサンゼルスを中心に、起業支援、日系企業のセールス/マーケティング支援、日本企業のアメリカ進出支援を主な事業として活躍中!

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile

注目の記事

  1. ルイジアナ州の北東、延々と広がる田園風景の中に、ぽつりと静かに佇む遺跡がある。かつてアメリカ...
  2. 2021年2月4日

    バイデン政権とは?
    バイデン大統領は、トランプ大統領とは対照的に、パンデミック、経済的苦境および政治的分断に疲弊...
  3. 冬は温度、湿度ともに低くなるため皮脂や汗の分泌が少なくなり、お肌の潤いを守る皮脂膜が作りにく...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040」を自...
  5. 文/カロリーナ A. フォーノス、マーク R. ヘレラー、マリア T. ガレノ、アダム マルク 有...
  6. 注)情報はすべて2020年11月15日現在のものです。最新情報は専門家にお問い合わせください。 ...
  7. 「栄養バランスの取れたおいしい和食を家庭で簡単に」。ニューヨークに4店舗を構える日本の弁当専...
  8. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
ページ上部へ戻る