Vol.028:World Tea Expo 2019に行って来ました!

TEA / お茶に関する展示会World Tea Expo 2019が、6月11日〜13日の3日間にわたりラスベガスコンベンションセンターにて開催されました。

今回は初の参加。出展サポートということもありフロア全てを回ったわけではありませんが、当日の写真と一緒に感じたことなど含めレポートします。

世界中50カ国以上からの参加者や出展企業が集まっているこのイベント、10年以上ビジネスが続いている出展企業が43%ということで歴史のある業界ということが伺えます。

約300社の企業が出展したそうですが、お茶と言ってもお茶の葉から抹茶、茶筒や茶器、ティーバッグを作る機械やパッケージの会社、ハーブやスパイス、関連フードや書籍などたくさんのお茶関連の企業さんがいて、とても興味深い展示会内容でした。

参加者の主な目的として、新しい商品開拓、情報収集と買い付け、トレンド調査、ネットワーキングやカンファレンスで学びを得るためというのが多いそうです。

今回、個人的に印象に残ったのはプロダクトは、
・カラフルでデザイン的にも機能的にも優れた最新茶器
・和紙や本物の木を使い日本の職人がつくる精巧かつモダンな茶筒
・MATCHA系:最近のアメリカで、人気上昇が止まらない抹茶関連商品
・Brew Cold Coffee系:昔はアイスコーヒーなんてなかったなぁ、アメリカ

実はこのWorld Tea Expo、ここ数年はラスベガスでの開催だったそうですが来年はコロラド州のデンバーでの開催が決まっているそう。世界からのアクセスが良いのはラスベガスですが、デンバーはアメリカ中心部なので、全米からの出展やバイヤー参加者が増えることが期待できますね。来年も、参加できるといいなぁ。

弊社では、日本からアメリカ進出をお考えの企業様向けに、展示会サポートからウェブマーケティング支援も行っております。

こんな展示会に興味がある!調査やレポートして!
などのリクエストやご質問、ご相談もお気軽にどうぞ!

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

板倉光孝 (Mitsu Itakura ゼロハチロック:CEO)

板倉光孝 (Mitsu Itakura ゼロハチロック:CEO)

ライタープロフィール

カリフォルニア州レドンドビーチ在住。愛知県豊田市生まれ。21歳で渡米後、レストランでアルバイトをしながら、バンド活動とサーフィンに没頭。メディア運営に興味を持ち始め、ビジネスの世界へ。
全米最大級の日系オンラインメディア運営会社にて、広告販売を中心とした営業部の立ち上げ、新規エリア開拓、マーケティング戦略・イベント企画の立案、遂行など、営業/販売サイドの統括責任者として実績を残す。11年連続売上増に貢献した後退社。2016年1月、米国法人 Zero-Hachi Rock, Inc.を設立。ロサンゼルスを中心に、起業支援、日系企業のセールス/マーケティング支援、日本企業のアメリカ進出支援を主な事業として活躍中!

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  2. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  3. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  4. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  5. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  6. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  7. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  8. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  9. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
  10. 2020年4月1日

    第81回 日本語の継承
    今回は「アメリカの学校」ではなく、「アメリカで育つ二世の子どもたちの日本語教育」というテーマ...
ページ上部へ戻る