【英会話】YOKOのLA通信第103回

メルマガ読者の皆さん、こんにちは。
7月4日独立記念日がやっと終わりました。
年間で一番嫌いな祝日になってしまいました。

M80 fire crackerと呼ばれる信じられないぐらい大きな音がする違法の爆竹を、独立記念日の数日前からボンボン鳴らしている人達が多く、それも朝から夜中まで鳴らしています。
https://www.youtube.com/watch?v=-baLbB8Y2qg
参考にYouTubeサイトを記載しておきます。

いきなり家が揺れるほど鳴り響きビックリさせられます。
我が家のBaileyも例外ではなく、怖がってトイレにも行くに行けない数日間になり本当に可哀想でした。
7月4日過ぎても朝に晩にボンボン鳴っていました。
犬が怖がるからと犬と一緒に車で花火が聞こえない所まで行ったりする人達も多かったです。
怖さでドアや窓を突き破って外に逃げていく犬達も数多く、山火事なども毎年発生することもあり、各市はどうしてもっと大々的に規制をしないのか不思議です。
我が家では少しでもBaileyの気が散るようにランナーさんを20名ぐらい招待して我が家でワイワイしていたのですが、あまり効果はありませんでした。
マルチーズのPistolは全く怖がらず普段と同じでした。
犬によって違うようです。

この日は早朝に独立記念日5Kがあり、みんなでビーチを走りました。
そしてその日の朝、皆んなで朝食をしているときに地震があったようです。
幸いにも、この時は全く気が付きませんでした。
その翌日、5日の夜に2度目の地震。午後8時半ごろだったと思います。
ビルが「Earthquake」と言った時も「え~」という感じでしたが、まるで船に乗って体が左右に揺れているような感じで、とても長い間揺れていました。

やはり地震は怖いですね。今後もまだ続くようです。
大事に至らないといいのですが。
というわけで4日連休はあまりのんびりもできませんでした。
ビルもこの日から風邪気味で、ダウンしていつものようにバイクでビーチに行ったりすることもできませんでした。

7月は今後、娘達の誕生日等があり、8月は家族で久しぶりにBullhead Cityに行くことになっています。
https://www.bullheadcity.com/

今週も頑張りましょう。

Group photo

July 4th party at my house

仮装コンテスト優秀賞ランナー

July 4th beach run

【前回の課題解答】★★★★

Billは隣人のJoeと犬について話しをしています。

Bill: Recently I’ve had dogs coming out my ears and boy it’s a hairy business.
最近我が家は犬だらけで、まあ難しいビジネスだよ。

Joe: What brought this about? Because don’t you only have a couple of fur babies.
どうしてそうなったの?お前のところには犬は2匹だろう。(2~3匹でも訳としては大丈夫です)

Bill: I do but my daughter is a dog trainer and she drags these guys to our house.
そうだよ、でも娘がドックトレナーでトレーニングしている犬をうちに連れてくるんだよ。

Joe: Aren’t you worried about getting bitten because they have no clue who you are.
噛みつかれたりする心配はないの?犬達はお前が誰だか分からないんだから。

Bill: Once in a while but overall, I’ve been lucky. I guess I better knock on wood.
たまにはあるけど、まあラッキーだったと思うよ。今後噛まれたりしないように木を叩かないと。

Joe: Well, don’t go to sleep or one might be in your face.
寝ちゃったりしたらダメだよ、犬が攻撃的になってくるかもよ。

<宿題のポイント>
●it’s a hairy business = 難しいビジネスだよ
●fur babies = 犬
●I guess I better knock on wood = 木を叩かないと(おまじないの意味で使われます)

【今回の課題】★★★★

Billは友人のBobに風邪を引いたことについて話しています。

Bill: Man, I really let my wife down and it really pissed me off but there was not a freakin thing I could do.

Bob: What the heck happened? You are always on top of your game.

Bill: Well, it was a four day-holiday and what happened was I woke up sick. And it has stuck around like a friend you want to just go home but don’t leave.

Bob: What a bummer I guess she was ok with that, right?

Bill: I guess, but I still feel like a dog so I will just have to make it up to her with any luck soon.

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

陽子 Senesac

陽子 Senesac

ライタープロフィール

高校卒業後、5年間英国留学。帰国後日本で出会ったビル・セニサック氏と結婚。1985年、同氏とともにロサンゼルスで日本人ビジネスマンを対象にした全クラス個人レッスン制の英会話スクールBYB English Centerを開設。以来30年以上、LAに駐在するビジネスマンから幼児まで全クラス個人レッスン制の英語教育に徹し、生徒のニーズに合った英語を指導。現在では、現地でも有数の英会話スクールへと成長している。2011年4月よりBYB Irvine校をスタート。

書籍:
* 英語で楽しく雑談できる本      2008年 あさ出版
* 今日から始める英語100語日記    2010年 あさ出版
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2012年 きこ書房
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   ビジネス日常会話編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   困っている外国人に話しかけたくなる英語編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2015年 きこ書房
   日常英会話ロサンゼルス編

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る