Gig、Concert、Liveの用法を明確に

タイトルを見て、「Gig」って何?または「Concert」と「Live」に違いがあるの?と思った人、結構多いのではないでしょうか?「コンサート」や「ライブ」は、日本語(和製英語)としてもよく使われるせいか、間違った英表現をしている人をよく目にします。今回は音楽イベントの話題において、それぞれの単語をどのように使うのが適切なのかご説明いたします。


1) Gig
→「一時的な演奏(仕事)」

Gigは本来、歌手やバンド、DJなどが1回限りのパフォーマンスをすることを意味し、特に短めのショートパフォーマンスのニュアンスが込められています。例えば、今夜あなたが地元のバーで何曲か演奏するなら、「I got a gig tonight. Do you want to come?(今夜ライブするけど、見に来ない?)」と表現することができます。

✔︎その他にもGigは、日雇いのバイトや派遣の仕事など「一時的な仕事」と言う意味もある。例えば、外国人の友達が「I have a teaching gig tonight.」と言うと、1回限りの英会話レッスンがあることを意味する。
✔︎Part-time jobの代わりにPart-time gigとも言う。

・I heard you’re doing a gig. Can you send me more information.(ライブするって聞いたんだけど、詳細送ってくれない?)
・Did you hear Brian landed a part-time gig at Google?(ブライアンがグーグルでパートの仕事が決まったって聞いた?)
・That sounds like a pretty cool gig. Does it pay well?(良さそうな仕事だね。給料はいいの?)

2) Concert
→「演奏会」

Concertは一般的な演奏会を意味し、歌手やDJ、ロックバンドからオーケストラまであらゆる類いのミュージシャンによる音楽イベントを指します。一般的にブルーノ・マーズやレディー・ガガなど有名なプロミュージシャンが大きなコンサートホールで開催するイメージが強いですが、アマチュアミュージシャンが小さな会場でパフォーマンスする場合にも使われます。

✔︎Concertは一般的に有料のイメージがあり、無料コンサートの場合はFree concertと表現する。

・I’m going to a concert tonight.(今夜コンサートに行きます。)
・I heard Bruno Mars is having a concert next month. I really want to go!(ブルーノ・マーズのコンサート、来月らしいよ。行きたーい!)
・Are you going to Lady Gaga’s concert?(レディー・ガガのコンサートに行くの?)

3) Live
→「生演奏」

Liveは生で演奏することを意味します。プロの歌手がコンサートで歌ったり、ジャズバンドがジャズバーで演奏したり、ロックバンドメンバーの友人が路上パフォーマンスをするなど、プロや素人、会場の大小関係なく“生”で演奏することがポイントです。また、日本語では「ライブに行く」と言いますが、英語では「I’m going to a live」のようにLiveを名詞として使うことは出来ません。「ライブに行く」を英語で言うなら「I’m going to a concert」になります。

✔︎Liveの一般的な使い方:
・「Watch(See) _____ live」→「生で〜(の演奏)を見る」
・「_____ is performing live / do a live performance」→「(誰々が)ライブ(生演奏)をする」

・I went to Sam Smith’s concert and saw him live! He’s amazing.(サム・スミスのコンサートに行って、ライブを見たよ。すごい良かった!)
・My friend’s band is performing live at the party this weekend.(今週のパーティーで友達のバンドがライブするよ!)
・There’s a live band playing at that bar. Let’s go check it out.(あのバーでバンドの生演奏が聴けるよ。行ってみようか。)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る