「Next Tuesday」て今週の?「Last April」て去年の?

いきなりですが、今日は日曜日だと想像してください。外国人の友達から「see you next Tuesday」と言われ、それが2日後なのか?その翌週なのか?どちらか判断できますか?また、「I went to Osaka last Saturday」と言われたらどうでしょう?昨日?それとも先週の土曜?と混乱しませんか?今日は、そんな疑問点について迫ってみたいと思います。


1) Next (Tuesday)

基本的に曜日の前に“Next”が付くと「来週の〜曜日」を意味しますが、何曜日にその会話をしているかによって、それが今週なのか来週なのか混乱する場合があります。例えば、日曜日に「See you next Tuesday」と言われたら、2日後の火曜日なのか、それともその1週間後の火曜日なのか紛らわしいかと思います。しかし、これには正式なルールがなく、実はアメリカ人もごちゃ混ぜに使っており、しっかり把握したい場合は、「This coming Tuesday?(2日後の火曜日ですか?)」と聞き返すことが一般的です。

✔︎今週か来週か明確にする質問の仕方:「Are you talking about this coming _____ or the following _____?(直近の◯曜日ですか?それとも、その翌週の◯曜日ですか?)」
✔︎“Next”の代わりに“On”(月の場合は“in”)を使うことで、直近の曜日(月)を指す。→「See you on Tuesday.(次の火曜にね!)」

〜土曜日に話す会話〜
A: Let’s have dinner next Monday.(来週の月曜日に食事をしましょう。)
B: Are you talking about this coming Monday or the following Monday?(明後日の月曜と、その翌週の月曜のどっちですか?)

A: This coming Monday.(明後日の月曜日です。)
B: Great. I’ll see you on Monday.(了解です。では月曜日に!)

〜11月に話す会話〜
A: When are you going to Korea?(いつ韓国へ行くのですか?)
B: I’m going to Korea in January.(来年の1月に韓国へいきます。)

2) Last (April)

“Last”も“Next”と同様に漠然とした表現です。例えば、7月に友達が「I went to Okinawa last April」と言ったら、3ヶ月前の4月と昨年の4月の両方の意味として捉えることができます。なので、明確に知りたい場合は「This past April?(今年の4月ですか?)」のように聞き返す必要があります。

✔︎今年か去年か明確にする質問の仕方:「Are you talking about this past _____ or the year before?(今年の◯◯月ですか?去年の◯◯月ですか?)」
✔︎「去年の◯◯月」は「Last year in _____」と表現。→「I went to Okinawa last year in April.(去年の4月に沖縄へ行きました。)」
✔︎“Last”の代わりに“in”(曜日の場合は“on”)を使うことで、直近の◯◯月(◯曜日)を指す。→「I went to Okinawa in April.(この4月に沖縄へ行きました。)」

〜7月に友達と会話〜
A: I started my new job last May.(5月に新しい仕事をスタートしました。)
B: Are you talking about this past May or the year before?(今年の5月ですか?去年の5月ですか?)
A: This past May.(今年の5月です。)

〜月曜日に友達と会話〜
A: I hung out with Megan last Saturday.(先週の土曜日にメーガンと遊びました。)
B: This past Saturday?(一昨日の土曜日ですか?)

〜10月に友達と会話〜
A: When did you get married?(いつ結婚したの?)
B: I got married in March.(今年の3月に結婚しました。)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  2. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  3. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  4. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  5. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  6. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  7. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  8. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
ページ上部へ戻る