「Next Tuesday」て今週の?「Last April」て去年の?

いきなりですが、今日は日曜日だと想像してください。外国人の友達から「see you next Tuesday」と言われ、それが2日後なのか?その翌週なのか?どちらか判断できますか?また、「I went to Osaka last Saturday」と言われたらどうでしょう?昨日?それとも先週の土曜?と混乱しませんか?今日は、そんな疑問点について迫ってみたいと思います。


1) Next (Tuesday)

基本的に曜日の前に“Next”が付くと「来週の〜曜日」を意味しますが、何曜日にその会話をしているかによって、それが今週なのか来週なのか混乱する場合があります。例えば、日曜日に「See you next Tuesday」と言われたら、2日後の火曜日なのか、それともその1週間後の火曜日なのか紛らわしいかと思います。しかし、これには正式なルールがなく、実はアメリカ人もごちゃ混ぜに使っており、しっかり把握したい場合は、「This coming Tuesday?(2日後の火曜日ですか?)」と聞き返すことが一般的です。

✔︎今週か来週か明確にする質問の仕方:「Are you talking about this coming _____ or the following _____?(直近の◯曜日ですか?それとも、その翌週の◯曜日ですか?)」
✔︎“Next”の代わりに“On”(月の場合は“in”)を使うことで、直近の曜日(月)を指す。→「See you on Tuesday.(次の火曜にね!)」

〜土曜日に話す会話〜
A: Let’s have dinner next Monday.(来週の月曜日に食事をしましょう。)
B: Are you talking about this coming Monday or the following Monday?(明後日の月曜と、その翌週の月曜のどっちですか?)

A: This coming Monday.(明後日の月曜日です。)
B: Great. I’ll see you on Monday.(了解です。では月曜日に!)

〜11月に話す会話〜
A: When are you going to Korea?(いつ韓国へ行くのですか?)
B: I’m going to Korea in January.(来年の1月に韓国へいきます。)

2) Last (April)

“Last”も“Next”と同様に漠然とした表現です。例えば、7月に友達が「I went to Okinawa last April」と言ったら、3ヶ月前の4月と昨年の4月の両方の意味として捉えることができます。なので、明確に知りたい場合は「This past April?(今年の4月ですか?)」のように聞き返す必要があります。

✔︎今年か去年か明確にする質問の仕方:「Are you talking about this past _____ or the year before?(今年の◯◯月ですか?去年の◯◯月ですか?)」
✔︎「去年の◯◯月」は「Last year in _____」と表現。→「I went to Okinawa last year in April.(去年の4月に沖縄へ行きました。)」
✔︎“Last”の代わりに“in”(曜日の場合は“on”)を使うことで、直近の◯◯月(◯曜日)を指す。→「I went to Okinawa in April.(この4月に沖縄へ行きました。)」

〜7月に友達と会話〜
A: I started my new job last May.(5月に新しい仕事をスタートしました。)
B: Are you talking about this past May or the year before?(今年の5月ですか?去年の5月ですか?)
A: This past May.(今年の5月です。)

〜月曜日に友達と会話〜
A: I hung out with Megan last Saturday.(先週の土曜日にメーガンと遊びました。)
B: This past Saturday?(一昨日の土曜日ですか?)

〜10月に友達と会話〜
A: When did you get married?(いつ結婚したの?)
B: I got married in March.(今年の3月に結婚しました。)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. カナダ東部のケベック州は、人口の80%がフランス系移民、フランス語を公用語とする異色の州。そ...
  2. 私は長い間、天国を探して生きてきたような気がする。ほとんど前進していないのろまさだが、一応、...
  3. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  4. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
  5. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  6. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  7. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  8. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
ページ上部へ戻る