〔タイ〕NTTドコモ、無人カーシェアの実証実験

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

バーチャルキーソリューションの全体像(NTTドコモ提供)

NTTドコモは25日、タイの子会社モバイル・イノベーション(MI)と連携し、スマートフォンでドアの開閉ができる「バーチャルキー」を活用した無人貸し渡しカーシェアサービスの実証実験をタイの首都バンコクで実施すると発表した。

東京センチュリーの子会社でオートリース事業を展開するTCカー・ソリューションズ(タイランド)=TCCS=と、日本駐車場開発のタイ法人ニッポン・パーキング・デベロップメント=NPD=(タイランド)がバンコクで展開する法人会員限定のカーシェアサービス「TNカーシェアリング」にバーチャルキーを導入し、事業の運用効率化を目指す。実施期間は12月1日から来年1月31日までの2カ月。TCCSの担当者によると、シーロム地区のステーション(ラマランド・ビルディング内)で貸し出す車両3台に導入するという。

これにより、NTTドコモはバーチャルキーの運用課題や無人カーシェアの顧客価値を検証する。また実証実験の結果に基づき、関連会社を含めてタイでの商用化や、タイと日本以外での展開を検討していく。

実験で使われるバーチャルキーは、NTTドコモが、フランスの自動車部品・システムサプライヤーのヴァレオグループと共同で、日本およびアジア市場向けに開発。車両に専用の通信型車載器を取り付けることで、モバイルアプリで予約した車両用のバーチャルキーを利用者のスマホに配信し、物理キーの受け渡しをすることなく非対面で車両の貸し出しができる。

無人化で24時間貸し出し可能に

TCCSとNPD(タイランド)は、バンコクのシーロム地区、チョンノンシー地区、アソーク地区の4カ所にステーションを構え、小型セダン、中型セダン、バンそれぞれ4台の計12台を運用している。現在、予約受け付けから鍵の貸し出しまで有人で運用しているが、バーチャルキーを導入して無人化することで、毎日24時間体制で貸し出しが可能になる。

利用料金は1時間当たり320〜380バーツ(約1150〜1370円)で、15分単位で課金。ドライバー付きの場合は追加利用料160バーツが発生する。ただし、今回の実証実験の対象となるシーロム地区のステーションに限り、無人化による顧客の利便性向上を前提に、1時間当たり440〜520バーツに引き上げるという。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。

https://www.nna.jp/club_contents/index

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る