〔シンガポール〕国際組織、貿易文書電子化で政府・企業と提携

国際商業会議所(ICC、本部・パリ)は22日、シンガポール政府と、日本やシンガポールなどの企業17社と通商・貿易分野のデジタル化促進で合意したと発表した。

シンガポールの情報通信メディア開発庁(IMDA)は、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用して貿易文書を電子化し、事業者間で瞬時にやり取りできるシステム「トレードトラスト」を開発している。

今回の合意には、官民連携事業としてICCと17社が、トレードトラストの開発や導入に協力することが盛り込まれた。

17社には、シンガポールのDBS銀行や港湾運営大手PSAインターナショナルのほか、◇丸紅◇三菱商事◇三井物産◇みずほ銀行◇三菱UFJ銀行◇NTTデータ◇損保ジャパン日本興亜◇住友商事◇三井住友銀行◇東京海上ホールディングス——が含まれる。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。

https://www.nna.jp/club_contents/index

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る