デザイン思考ブームとデザインウォッシングの発生

「デザイン思考」「ヒューマンセンタードデザイン(HCD)」などの言葉が幅広く使われるようになり、さまざまなビジネスでそのセオリーが活用されています。これまで重きを置かれなかった「デザイン」という分野が重要視され、アメリカでもここ10年ほどで多くのコンサル会社がデザイン会社の買収をしたり、デザイナーがCレベル以上の役職に就くといったことも増えています。組織の重鎮が集まる重要な会議でデザインの話が上がることも珍しくなくなりましたが、一方で、それらの表面的なベネフィットを受けようと、真髄を知らずデザイン思考を取り入れているアピールも目立ちます。

数十年ほど前にエコがブームになり、さまざまな企業が見た目だけグリーン化した「グリーンウォッシュ」。同様に、最近のデザイン思考ブームを受け、デザインを履き違えて公表していることを「デザインウォッシュ」とデザインを研究する私たちはラベリングしています。

AppleやTeslaの成功事例に基づき、思い立ったようにデザイン会社を買収したりデザイン部署を立ち上げたりしたところで、良いデザインの商品が生まれるわけではなく、日常のデザインに対する姿勢から良いデザインは生まれます。見た目をカッコよくしただけで「デザインを重視しています」という提示は、デザインの定義が間違った認識で定着してしまう恐れがあり、またデザイナーの成長も妨げてしまいます。

デザインのプロセスとは、何かを参考にかっこいいと思ったものをコピーするのではなく、実際に使ってみてどうなのか、実際に使う人がどう思うのかという部分を重視し、文字通りユーザーを中心に考えてみるということから始まります。かっこいいと思われるものを押し付けるのではユーザーセンターの真逆であり、「どうしたら喜んでもらえる商品やサービスを提供できるか」というおもてなし精神が重要です。

Adobeを巧みに使いこなせることがデザイナーの仕事と思っている学生も多く、実は泥臭いデザイナーの仕事にがっかりするデザイナー志望もいるかもしれません。デザイナーは現場にいる人間であり、打ち合わせやパソコンに向かう作業以外に「ユーザーリサーチ」という重要な業務を本当に興味を持って取り組めるかということが「デザイン思考」の思想において大切です。新しいデザインを提供することはエキサイティングであると同時にリスクも高く、また、有効なユーザーリサーチには時間と忍耐が必要です。ネット検索で容易に得た情報をベースにユーザーのニーズを想像するのではなく、実際にユーザーと同じ経験をし、共感することでニーズにあったものが提供でき、それこそがユーザービリティの向上に繋がります。

次回の記事では、実際どのように有効なユーザーリサーチを行うかを掘り下げます。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Mieko Murao

Mieko Murao

ライタープロフィール

2001年株式会社グラフネットワーク設立。2011年に拠点をアメリカに移し、グラフネットワークアメリカ支社を設立。Web制作業務だけでなく飲食店の経営やプロデュースなどを経験し、企業や飲食店のバックエンドシステムの構築、アプリの開発など “よりビジネスを効率良く” するためのツールを企業の要望に応じて提供。多くの日系企業のIT化に一役買っている。子育てと仕事の傍ら、MITのIntegrated Design and Management修士課程プログラムにて、Human Centered Designを研究中。また、ボストンにて日本の生活用品を紹介し、新しい消費スタイルを提案するCrand and Turtleという小売店プロジェクトも展開している。

Graphnetwork, Inc. (USA) Founder, CEO
Graphnetwork, Inc. (Japan)  Co Founder, Former CEO
Crane and Turtle  Owner

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  2. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  3. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  4. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  5. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  6. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  7. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  8. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
ページ上部へ戻る