2020年ロサンゼルス暴徒化デモ直後の様子

TEXT by Saori Yoshida

米国ミネソタ州で2020年5月25日に黒人男性が警官による暴行で死亡した事件を受けて、全国に講義デモが広がりました。

ABCのロサンゼルスローカル局が実際に6時間もの実際の映像をYoutubeに載せています。

暴動翌日のメルローズの様子

一連の暴動の際に最も被害を受けた場所の一つがMelrose(メルローズ)通りでした。暴徒化したグループが手当たり次第に店に入りものを強奪をして逃走、更には放火も発生しました。

その暴動の翌日にMelroseを訪れたところ、まだ生々しい暴動の後が残っていました。既に警察によって鎮圧された後だったので危険や恐い感じは受けなかったのですが、お店の方々の気持ちを考えるといたたまれない気持ちでした。

大手薬局のCVSは他のロケーションでいくつも強奪に入られているので、メルローズでは頑丈に木工でガードされていました。

火事が発生した現場では翌日もまだ消火活動が行われており、焦げ臭い匂いが漂っていました。

木工ボードには「Black Owned(黒人所有)」と書かれています。黒人差別を発端に起こったデモのため黒人所有の店は襲撃されないことが多く(たまにはあったのかもしれないが)、暴動前後でこの言葉がお店や壁に書かれてる光景を非常に多く見かけました。

現場には数多くの警官、そして周辺地域では列をなしてパトロールを行う警察車両が。

ビバリーヒルズの老舗高級ホテルBeverly Wilshire Hotelも入り口全面が頑丈に囲われており、異様な光景となっていました。

観光地として有名な高級ブランドが立ち並ぶロデオ・ドライブは道自体が閉鎖され入れない状況に。

思い出される92年のロサンゼルス暴動

ロサンゼルスの暴動というと、思い起こされるのがこのLA92かと思います。

概要

ロサンゼルス暴動(ロサンゼルスぼうどう、英:Los Angeles Riots; LA Uprising[1]) は、1992年4月末から5月初頭にかけて、アメリカ合衆国ロサンゼルスで起きた大規模な暴動[2]。アメリカにおいて異人種間の対立という形を取って現れる「人種暴動(race riot)」の典型的なものとして知られる[3]
単なる黒人白人の対立にとどまらず、ロサンゼルスという多人種都市において様々な人種を巻き込んで広がったこと、また被害がきわめて大きかったことなどから、多くの映画小説でも描かれ、現代アメリカ文化において頻繁に参照される重要事件のひとつとなっている[4][5]。 日本ではしばしば「ロス暴動」とも略称される[6][7]

Wikipedia

ドキュメンタリー動画

数々の映画にも取り上げられてるこの暴動、このNational Geographicのドキュメンタリーはとても分かりやすく92年の暴動を説明しているので、わかりやすいと思います。一方で、残虐なシーンもあるので見るが辛いのは事実ですが、歴史を学ぶためにはおすすめです。

最後に

今回の暴徒化したデモはLA92の時のような長期的に続く暴動とは成りませんでしたが、数日でも多くの被害が出ました。夜間の外出禁止令が出るなど、物々しい雰囲気が漂っていたのですが、実はこの事件が起こったのがパンデミックの真っ只中ということ。デモも最中は連日関連ニュースばかりで、新型コロナのパンデミックが起こっているということを忘れてしまうほどでした。

2020年は米国はパンデミックと抗議デモという激動の年となりました。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

吉田沙織 (Saori Yoshida)

吉田沙織 (Saori Yoshida)

ライタープロフィール

KBC九州朝日放送を経て渡米し、現在はロサンゼルスを拠点にジャーナリスト・ライターとして活動中。ビジネスとテクノロジーを専門としている。

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る