スムーズな会話に欠かせない「Get」の用法17選

中学で教わった基本動詞の一つであるGet。「~を手に入れる」の意味で覚えている人も多いと思いますが、ネイティブの日常会話では実に様々な意味で非常によく使われる単語の一つです。今回は、知ってれば必ず日常会話で役立つ代表的なGetの用法をご紹介します!


1) 「〜もらう・受け取る」を表すgetの使い方

get の一つ目の基本イメージは、色々な物を手に入れることです。人から何かをもらったり、受け取ったりする時に使われ、receiveのより口語的な言い方として使われます。ちなみに、良いものだけでなく、get a speeding ticket(スピード違反で切符を切られる)のようによくないものを受け取るときにも使われます。

get a present(プレゼントをもらう)
get a message(メッセージ受け取る)
get advice(アドバイスをもらう)

・I got a new laptop for my birthday.
(誕生日に新しいパソコンをもらいました)
・I got a text from Mike and he said he’s running 10 minutes late.
(マイクからショートメッセージがあって、10分遅れるって)
・Who do you usually get advice from?
(普段は誰からアドバイスをもらっているんですか?)
・I got a speeding ticket this morning.
(今朝、スピード違反で切符を切られてしまいました)

また、人から何かをもらうだけでなく、自分で努力した結果何かを手に入れるときにも使われます。例えば、「仕事に就く・仕事が決まる」は get a job、「良い成績を取る」は get good grades、「昇進する」は get a promotionと表します。その他、getには「お金を得る」の意味合いもあり、「彼って月いくら稼いでいるの?」は「How much does he get a month?」のように表現します。

・It took me a couple of months but I finally got a job.
(数ヶ月間かかりましたが、やっと仕事が決まりました)
・I got good grades when I was in high school.
(私は高校生のとき、成績がよかったです)
・I heard you got a promotion. Congrats!
(昇進したんだって?おめでとう!)
・It’s an easy job. I get 20 bucks an hour just for watching the dogs.
(すごい楽な仕事だよ。犬の面倒を見るだけで時給20ドルもらえるんだ)

2) 「~を買う」を表すgetの使い方

getは「〜を買う」の意味としても使われます。buy のより口語的な言い回しとして使われ、お金を払って何かを手に入れるニュアンスがあります。また、レストランでは「注文する」の意味としても使われ、友達に「何を注文するの?」と聞く場合は「What are you going to get?」と言います。さらに、getは「おごる」や「御馳走する」の意味で使うこともでき、「I’ll get it.」の一言だけで「私がおごるよ」を意味します。

・I really like your scarf. Where did you get it?
(そのマフラーいいね。どこで買ったの?)
・You already got the iPhone 12? Did you pre-order it?
(もうiPhone12を手に入れたの?予約したの?)
・I’m thinking about getting the B.L.T sandwich. What are you going to get?
(私はBLTサンドイッチにしようかな。あなたは何を注文するの?)
・Don’t worry. I’ll get it today.
(心配しないで。今日は僕がおごるよ)

3) 「〜を取りに行く」を表すgetの使い方

何かを取りに行ったり、忘れ物を取りに戻ったりなど、物を取りに行って戻ってくるときに get が使われます。日常会話では、go and get ____ のように表すことが多く、例えば「僕が取り行くよ」は「I’ll get it.」または「I’ll go and get it.」両方のパターンで表すことができます。その他、「〜を迎えに行く」の意味としても使われ、友達に「迎えに来てくれる?」と聞く場合は「Can you get me?」または「Can you come and get me?」、「迎えに行くよ」は 「I’ll get you.」もしくは「I’ll go and get you.」と言います。

✔︎「迎えに行く」はgo and get、「迎えに来る」はcome and getで覚えましょう。

・I’ll get it for you. What do you want to drink?
(僕が取りに行くよ?何飲みたい?)
・I’m going to go and get Hiro from the train station.
(駅にヒロを迎えに行きます)
・Oh no. I forgot my mask. I need to go back to the car and get it.
(ヤバイ、マスクを忘れちゃった。車に取りに戻らないと)

4) 「〜を理解する」を表すgetの使い方

相手の言いたいことが分かったり、意図が理解できたときに英語ではよく「I get it.」と言います。ここでは相手のアイディアを「手に入れる」、要するに「理解する」ことを意味します。この表現は、「I don’t get it.」のように否定形で使われることが多く、相手の言いたいことが理解できなかったり、冗談が分からない時に使われます。

・I think I’m starting to get it. Let me practice a little more.
(なんとなく分かってきた気がします。もうちょっと練習します)
・Why is that funny? I don’t get it.
(何がそんなに面白いの?私には理解できない)
・Do you get what he’s saying? It makes no sense to me.
(彼が言っていることわかる?私には全然意味が分かりません)

5) 「〜に到着する」を表すgetの使い方

get は「着く」や「到着する」も意味し、日常会話では arriveの代わりによく使われます。例えば、待ち合わせに遅れてきた友達が「Sorry I’m late. Have you been waiting long?(遅れちゃってごめんね。だいぶ待った?)」と言った時は、「No, I just got here too.(ううん、僕も今着いたところだよ)」と言う具合に返事をするといいでしょう。

・There’s so much traffic. What time do you think we’ll get there?
(すごい渋滞だね。何時ぐらいに到着すると思う?)
・Have a safe flight! Message me when you get to Okinawa.
(気をつけて行ってきて。沖縄に着いたらメッセージ送ってね)
・I got home, took a shower and went straight to bed.
(家に帰ってシャワーを浴びてその後すぐに寝ました)

6) 「〜になる(状態が変化する)」を表すgetの使い方

getは状態の変化を表す時にも使われ、「〜になる」を意味します。状態の変化を表す時は一般的に getting ____ の形式が使われ、例えば、「疲れてきた」は 「I’m getting tired.」、「お腹が空いてきた」は「I’m getting hungry.」、「寒くなってきた」は「It’s getting cold.」のように getting の後には形容詞がフォローします。

その他、「〜しやすい」をget ____ easilyと表現することができ、例えば、「私が暑がりです」は「I get hot easily.」、「彼は飽きっぽい」は「He gets bored easily.」、「彼女は嫉妬深い」は「She gets jealous easily.」のように表現します。

・I’m getting hungry. Do you want to grab dinner soon?
(お腹空いてきたな。そろそろ夕食に行かない?)
・It’s getting chilly these days. It’s starting to feel like autumn.
(最近、肌寒くなってきました。秋めいてきましたね)
・I carry around a blanket with me because I get cold easily.
(私は寒がりなのでいつも毛布を持ち歩いています)

7) 「病気になる」を表すgetの使い方

風邪を引いたり、インフルエンザにかかったり、病気になる時にもgetが使われます。例えば、「風邪を引いた」は「I got a cold.」、「インフルエンザにかかった」は「I got the flu.」、「彼は病気になった」は「He got sick.」と言います。ちなみに、「頭痛がする」は「I got a headache.」、「熱がある」は 「I got a fever.」、「喉が痛い」は「I got a sore throat.」のように表します。

・It sounds like you got the flu. Drink a lot of water and rest up.
(インフルエンザにかかったみたいだね。たくさん水分を取ってゆっくり休むんだよ)
・My cat got sick and I had to take him to the vet yesterday.
(私の猫が病気になって、昨日動物病院に連れて行かないといけませんでした)
・I think I got a cold. I got a fever and a sore throat.
(風邪を引いたと思います。熱があり、喉も痛いです)

8) 「どうにかして~させる」を表すgetの使い方

この表現は、人に何かをしてもらう時、または人に何かをさせる時の両方で使われますが、相手を説得したり騙したりするなど「どうにかして」何かをさせるニュアンスが含まれます。例えば、薬を飲みたくない子供を説得して飲ませる場合は「I got my child to take the medicine.(子供に何とかして薬を飲ませました)」と表します。

・I finally got my dad to stop smoking cigarettes.
(なんとかしてやっとお父さんにタバコをやめさせました)
・I can’t get my son to do his homework. What do you think I should do?
(何をしても息子が宿題をやりません。どうしたらいいと思いますか?)
・My cat pees all over the house. How can I get her to pee in her litter box?
(私の猫は家中におしっこをします。どうしたら猫のトイレでおしっこをしてくれると思いますか?)

9) 「〜する機会を得る」を表すgetの使い方

get to do somethingは「〜する機会を得られる」を意味し、have the opportunity toのより口語的な言い方として使われます。例えば、「国際交流パーティーでいろいろな人たちとお話しすることができました」と言いたい場合は「I got to talk with a lot people at the international exchange party.」のように表現し、got to の後には動詞が続きます。ここでは、I got an/the opportunity to ____ と表現することもできますが、日常会話ではan/the opportunityを省くことがよくあります。

・I got to travel all over the world in my twenties.
(私は20代の時に世界中を旅行することができました)
・Did you get to see the autumn leaves when you were in Japan?
(日本滞在中に紅葉を見ることはできましたか?)
・At the spring training camp, I got to meet some of the Dodgers’ players.
(スプリングトレーニングで何人かのドジャース選手に会えました)

10) Get + 前置詞の組み合わせ

getはいろいろな前置詞と組み合わせて使うことができます。例えば、「電車に乗ろう」は「Let’s get on the train.」、「バスを降りよう」は「Let’s get off the bus.」、「プールに入ろう」は「Let’s get in the pool.」、「ここから出よう」は「Let’s get out of here.」と言う具合に表現します。getと前置詞を組み合わせて使う場合は「動いている」イメージになります。

・Get on bus number 10 and it’ll take you to downtown.
(10番バスに乗れば繁華街まで行きます)
・This place is way too crowded. Let’s get out of here.
(ここは混み過ぎだ。出ましょう)
・Which stop are we getting off on? Is it the next one?
(どの駅で降りるの?次の駅?)
Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  2. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  3. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  4. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  5. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  6. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  7. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  8. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
ページ上部へ戻る