日本での「老後おひとり様生活」を考える

高齢者の一人暮らしが増えています。もともと独身である、こどもの独立や定年を機に配偶者と離婚した、病気や事故で死別したなど理由は人それぞれですが、今回は永住帰国した日本で一人暮らしをするケースについて、「住み家」「老後資金」「終活」の観点から考えてみたいと思います。今後日本への帰国を検討されている人は参考にしてみてください。

1.住み家

ポイント1:持ち家 or 借家
この選択の対象は日本に家がない人になります。購入となればまとまった資金が必要ですが、高齢者で一定の定期収入がない場合や米国籍の人で在留資格の永住権を取得していないケースでは、ローン契約は難しいです。米国の不動産を売却したお金で購入する場合は、日本への送金方法も考えなければなりません。また日本の不動産市場は米国のような右肩上がりではなく(首都圏は今後も上がるでしょう)、今後人口減により不動産価格が下がるといわれています。いつか高齢者施設に入居する際の資金として売却のことまで考え、将来の不動産価値を見極めたいところです。

借家の場合、頼める保証人がいない人や高齢者(特に単身者)は賃貸契約しづらい状況でしたが、最近では保証代行会社が増えていることや(ただし保証料が発生)、貸主側の考え方も変わってきていることで、以前よりも契約しやすい傾向にあるようです。またサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)や公営住宅(UR住宅など)のように、年齢制限のない賃貸住宅も増えています。

ポイント2:親の介護の必要性
高齢の親の介護が必要な場合、施設に預けるか自宅で介護(訪問介護サービスを利用)するかになります。施設であれば、都合よく近所の施設が見つかるかどうか分かりません。家族としてときどき訪問することを考慮するのであれば、自宅の場所も考えなければなりません。

一方、自宅介護の場合でも、やはり家族として実家へ通うことになるので場所は重要です。親の実家に住むというのも一つの選択肢です。

2.老後資金


ポイント1:必要な金額と年金
老後生活資金の基本は何といっても年金です。年金には日本の厚生・国民年金や米国Social Securityといった公的年金のほか、企業年金や加入団体の共済金があります。生涯受給可能な年金は、たとえ長生きしても預貯金のようになくなることのない大変ありがたいものですので、早めに自分の年金額を確認しておくことは重要です。

老後に必要な金額ですが、以前、日本で老後に2000万円が必要と某大臣が発言して物議をかもしました。ただしこれは、あくまで平均的なサラリーマン世帯がつつましく生活した場合のモデル例なので、あまり参考にはなりません。それより自分の日常生活費を記録して、支出額(生活費)の目安を把握しましょう。これに収入(年金他)と不足時の貯蓄切り崩し額が分かれば、何年で貯蓄が底をつくかも算出できます。できれば日本の物価に合わせて算出しましょう。

ポイント2:健康と就労
将来の生活資金を見積もる際にポイントとなるのが医療費です。このまま大きなけがや病気なく過ごせるか、どのような傷病が発生するのかは分かりませんが、年齢を重ねるごとに発生する可能性は高まります。また、傷病とならなくても、高齢になり足腰が弱れば寝たきりや介護が必要な生活になります。ですから、健康寿命をいかに伸ばすかということが、健康面だけでなくお金の面でも重要となります。

その対策として有効なのが、老後も働いて社会とつながりを維持し続けることです。働いて頭や体を動かし人と交流することは、健康面でプラスになりますし収入も得られます。せっかくリタイアしたのですからフルタイムで働く必要はありませんが、高齢での就労はぜひとも検討したいものです。

3.終活


ポイント:だれに託す?
終活とは、自分が亡くなった時のための準備活動のことですが、なかでも実際亡くなってしまった時のことを誰に託すかということは重要です。通常は相続人である子または身近な親族になりますが、託せる人がいない、または子がいたとしても米国居住ですぐに来日できないし日本の手続きも分からないといったケースでは、どうすれば良いのでしょうか?誰か協力者(専門業者も可)を探すことになりますが、遺言状やエンディングノートの作成も一つの対応策になります。亡くなった時の手続きとしては、行政手続き(葬儀、火葬・埋葬、自治体への届出、社会保険等の解約)、持ち物の処分(動産・不動産)、お金の整理(債権債務の精算、相続税など)になります。特に相続税については税理士などの専門家の協力が不可欠です。日米両方に資産がある、相続人がいるというようなケースでは両国での終活が必要です。

いかがでしょうか?ここで紹介した内容は、「こうしたほうが良い」「この方法がおすすめ」といったアドバイスではありません。人それぞれの置かれた状況や価値観は異なりますので、皆さま自身が考えるうえでの参考としてください。大事なことは、こうしたことへの早めの準備です。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

蓑田透 (Minoda Toru)

蓑田透 (Minoda Toru)

ライタープロフィール

ライフメイツ社会保険労務士事務所代表。早稲田大学卒業後IT業界に従事していたが、格差社会による低所得層の増加や高齢化社会における社会保障の必要性および国際化による海外在住者向け生活サポートの必要性を強く予感し、現事業を開業。米国をはじめとする海外在住の日本人の年金記録調査、相談、各種手続の代行サービスを多数手掛ける。またファイナンシャルプランナー(CFP・1級FP技能士)、米国税理士、宅建士として老後の日本帰国に向けた支援事業(在留資格、帰化申請、介護付き老人ホーム探し、ライフプラン作成、成年後見制度、不動産管理、就労・起業、税務、等の相談・代行)や、海外在住者の日本国内における各種代行、支援サービスを行う。

ホームページ:ライフメイツ(ライフメイツ社会保険労務士事務所)
 日本の年金・老後の帰国相談室
 コロナ対策助成金相談センター
 障害年金相談室(提携先)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  2. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  3. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
  4. NFTを買う理由 NFTの購入方法は、日々さまざまな選択肢が追加されています。現在もっとも一般的...
  5. マインドフルネスとは? マインドフルネス(Mindfulness)=“今この瞬間” の心の...
  6. Q.周りに日本人がいない環境で乳幼児を育てています。日本語をどう育んでいくか不安です。 このご質...
  7. Q.海外に長く住んでいて、子どものアイデンティティが心配です。日本人として育ってほしいのですが…...
  8. 2年前に日本食品のオンラインストアをオープンし、2021年12月22日にはジョージア州アトラ...
ページ上部へ戻る