【ニューヨーク不動産最前線】
不動産詐欺に注意

今日の社内ミーティングで不動産詐欺の話が出ました。70万ドルの物件を購入するために、手付金として預けた7万ドルが持ち逃げされたという話です。先週末、本当にあった話です。

弊社のブローカーが週末に家にいた時、コンシェルジュからインターコムで連絡がありました。ロビーで男性がブローカーを待っていると言って、ずっと座り込んで困っているので助けてほしいという連絡でした。通常、こういう事情でコンシェルジュがわざわざレジデントに連絡をすることはありませんが、深刻な事態だったようなのでボードメンバーでもある彼女のところに連絡して来たようです。

ロビーにいた男性は、物件のクロージングのためにブローカーと待ち合わせていたのですが、1時間半待ってもそのブローカーが現れないと言ったそうです。男性は手付金7万ドルをブローカーに支払っていたそうです。この時点でもうすでに警告ランプ点滅です。

そもそもクロージングが現地で行われることはないし(通常は銀行、ブローカーもしくは弁護士のオフィスです)、手付金はクロージング当日まで弁護士のエスクロー口座に預けることになっています。手付金がブローカーを経由することはありません。手付金を払うに至るまでには弁護士と話し合って契約内容の確認があり、契約書にサインをして手付金を支払った後にはボードの入居審査もあり、クロージングに至るまでにうんざりするほどのプロセスをクリアしなければなりません。手付金を支払ったからすぐにクロージング、とはならないのです。

男性はテキサスから来て、物件を見ずに契約をしたということでした。マンハッタンの物件売買のシステムを知らず、ブローカーにお金を送って手付金を払ったら、あとはクロージングで現地に行けば完了すると思い込んでいたようです。

いろんな意味でこの話は驚きですが、最近のインターネットの普及により、バイヤーも直接ネットで問い合わせたり交渉したりできる時代です。時間も交渉内容も自分でコントロールできるという気持ちになるのも分からなくはありません。でも、やはり現地には現地のルールがあり、マーケットをよく知る信頼できるアドバイザーを見つけることを強くおすすめします。

ちなみに、このビルにはそのような物件は存在せず、住所と部屋番号を勝手に利用した架空のリスティングだったようです。もちろん、お金を持ち逃げした(自称)ブローカーは詐欺です。実在するリストを巧妙に自分の名前で、あたかも実在するリストのように見せかけていたようです。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

柏原知子 (Tomoko Kashihara)

柏原知子 (Tomoko Kashihara)

ライタープロフィール

大阪女子大学(現:大阪府立大学)卒業後、CBRE Japanに入社。東京で外資系企業のオフィス移転を担当する商業不動産ブローカーとして働いた後、ニューヨーク勤務を機に住宅ブローカーに転向。1999年より住友不動産販売NYで活躍した後、2021年に米系大手Compassに移籍。趣味は旅行、クルーズ、トレッキングとイタリア語。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  2. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  3. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  4. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  5. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  6. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  7. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  8. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
ページ上部へ戻る