30社がごみゼロ運動に賛同 〜 NY市、6月までに半減目指す

 30を超えるニューヨーク市内の企業が、6月までに埋め立て場に送るごみの量をこれまでの半分に減らそうとしている。

 ロイター通信によると、これはリサイクルの拡大などによって2030年までに市内のごみを90%減らすことを目指すビル・デブラジオ市長の「Zero Waste Challenge(ごみゼロに挑戦)」運動の一部で、ホールフーズ・マーケット、ウォルト・ディズニー傘下ABC、アンハイザー・ブッシュなどが参加している。

 800万人以上が住むニューヨークでは、15年に市衛生局が収集した家庭ごみが320万トンに上った。これほど踏み込んだごみ削減計画に取り組む都市としては同市が西半球で最大で、人口で国内第2位のロサンゼルスも25年までに90%のごみを減らす計画を発表している。

 NY市の運動に参加する企業は2月からごみ削減に取り組んでおり、紙カップでなくマグカップを使う、書類棚の代わりにデジタル・ストレージを使う…といった方法ですでに削減量は平均60%に達した。これで約1万3000トンのごみが埋め立て場に送られずに済んでいる。参加企業は、ホームレス・シェルター(簡易宿泊所)に食料を提供する慈善団体シティ・ハーベストのような団体に、まだ食べられる余った食料を定期的に寄付することも義務付けられている。

 参加企業にはほかに、ニューヨーク・メッツの本拠地シティ・フィールドやブルックリン・ネッツの本拠地バークレイズ・センター、ペニンシュラやウォルドーフ・アストリアといった高級ホテル、ル・ベルナルディンのような高級レストラン、小売りサイトのイッツィなどがある。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る