アップル、EV充電技術にも興味

 電気自動車(EV)開発を進めていると言われるアップルが、EVの充電技術の可能性を探っていることが分かった。

 ロイター通信が消息筋の話とリンクトインでの公開情報を基に報じたところによると、アップルはEV充電施設の事業者に接触しているほか、その分野に精通する技術者の採用に乗り出している。

 アップルをめぐっては過去1年以上にわたり、EV生産を計画しているとの憶測が流れてきたが、今回新しくEV向けのインフラと関連ソフトウェアについても準備していることが表面化した。ただしアップルは今回も取材への返答を拒否している。

 消息筋によると、アップルは事業者に充電設備を支える技術について尋ねている。事業者側は、アップルが充電分野で競争相手になることを恐れて情報共有をためらっているという。

 アップルがテスラ・モーターズの「Supercharger(スーパーチャージャー)」のような専有技術の獲得を目指すのか、あるいは他社の充電ステーションと互換性があるシステムを開発するのかは不透明だ。

 充電事業「EVゴー(EVgo)」を展開するNRGエナジーは、アップルに関する論評を避けながらも、「将来的なメーカーも含めあらゆる製造業者と協議している」(アルン・バンスコータ社長)と説明した。

 アップルはこれまで、少なくとも4人のEV充電専門家を雇用している。リンクトインによると、そのうちの1人ローナン・オブラニアン氏は、独BMWで充電インフラを家庭用発電システムと統合するプロジェクトに関わった。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-7-1

    ガラパゴスの旅〜後編

    6日目 サンタフェ島 ↓ サウスプラザ島  海の動物にも興奮させられる。...
  2. 2015-5-20

    裏ななつ星紀行~高野山編 第一話

     子どものころには、家の近所でもしばしばお遍路さんの姿を見かけた。いまでもおぼえているのは年...
  3. 2017-7-1

    第152回 車のフロントガラスの修理について

    前を走っている車が跳ねた石が、車のフロントガラスに当たって傷がついた経験がある人も多いと思い...
  4. 2017-2-2

    「アメリカには夢が転がっている。 つかめれば次につながる」

    20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  5. 2017-6-2

    焼酎の時代の波に乗り遅れるな 「銀座のすずめ」でブランド確立

    六代目 大分県九重町の蔵元、八鹿酒造の六代目です。高校時代は剣道に明け暮れ、先...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る