アップル、EV充電技術にも興味

 電気自動車(EV)開発を進めていると言われるアップルが、EVの充電技術の可能性を探っていることが分かった。

 ロイター通信が消息筋の話とリンクトインでの公開情報を基に報じたところによると、アップルはEV充電施設の事業者に接触しているほか、その分野に精通する技術者の採用に乗り出している。

 アップルをめぐっては過去1年以上にわたり、EV生産を計画しているとの憶測が流れてきたが、今回新しくEV向けのインフラと関連ソフトウェアについても準備していることが表面化した。ただしアップルは今回も取材への返答を拒否している。

 消息筋によると、アップルは事業者に充電設備を支える技術について尋ねている。事業者側は、アップルが充電分野で競争相手になることを恐れて情報共有をためらっているという。

 アップルがテスラ・モーターズの「Supercharger(スーパーチャージャー)」のような専有技術の獲得を目指すのか、あるいは他社の充電ステーションと互換性があるシステムを開発するのかは不透明だ。

 充電事業「EVゴー(EVgo)」を展開するNRGエナジーは、アップルに関する論評を避けながらも、「将来的なメーカーも含めあらゆる製造業者と協議している」(アルン・バンスコータ社長)と説明した。

 アップルはこれまで、少なくとも4人のEV充電専門家を雇用している。リンクトインによると、そのうちの1人ローナン・オブラニアン氏は、独BMWで充電インフラを家庭用発電システムと統合するプロジェクトに関わった。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-10-2

    シリーズアメリカ再発見㊽ 地球は回っている ハワイ島マウナケアの日の出

     ホテルから迎えのバンに乗り込んだのは、午前1時半過ぎ。暗闇の中、バンは出発した。向かう先は...
  2. 2017-10-2

    E2ビザ保持者に同伴するための家族のビザ

    E2ビザ(貿易駐在員、投資駐在員ビザ)はアメリカと通商条約を締結した国の国民に発行されるもの...
  3. 2019-8-9

    雇用に基づくステータス調整手続き中の疑問

    一定の基準を満たす外国人は、アメリカに滞在しながら雇用に基づいて非移民ステータスを移民ステータス(永...
  4. 2017-11-2

    新しい90日ルールに要注意!

     2017年9月1日に、アメリカ国務省(DOS)が「虚偽陳述」という用語に関する新たなガイダンスを更...
  5. 2017-9-1

    第7回 「製粉の街と医療の街」 ミネソタ州

    店舗数全米一のモール 中にはローラーコースター!? 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る