アマゾンが最初の商品検索サイトに 〜消費者行動の変化、グーグルに打撃か

 商品購入時にインターネットで製品情報を調べてからという消費者は多い。その際、検索エンジンや小売企業のサイトの代わりに、まずアマゾン(Amazon)のサイトを使う人が増えていることがわかった。
 
 オンライン小売市場におけるアマゾンの強大さをあらためて示す材料であり、検索エンジンを主業とするグーグル(Google)にとっては悪い知らせだ。
 
 ビジネス・インサイダー誌によると、消費者市場調査会社ブルームリーチ(BloomReach)の調査結果では、最初の製品検索先としてアマゾンを利用すると回答した米国人は1年前の44%から55%に達した。検索エンジンを挙げた人は同時期に34%から27%に、小売業者を挙げた人は21%から16%に減少した。
 
 アマゾン利用者の増加は、検索エンジンを使わずに最終目的地に直接向かう消費者が増えていることを意味する。グーグルにとって製品やショッピング検索画面に表示される広告は利益率が高いことから、検索サービス利用者の減少はグーグルの本業に深刻な打撃を与える可能性がある。
 
 ただ、アマゾンを最初に訪問した消費者がそこで商品購入するとは限らない。むしろ、アマゾンのサイトで確認したあとに、検索エンジンやほかの小売サイトでも検索や比較を行う消費者が多い、とブルームリーチは指摘する。
 
 しかし、世界最大の検索エンジンにとって、今回明らかになった消費者行動は、無視できない懸念の一つであることは確かだ。
 
 【http://www.businessinsider.com/55-people-start-product-searches-amazon-google-search-share-2016-9】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  2. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  3. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
  4. NFTを買う理由 NFTの購入方法は、日々さまざまな選択肢が追加されています。現在もっとも一般的...
  5. マインドフルネスとは? マインドフルネス(Mindfulness)=“今この瞬間” の心の...
  6. Q.周りに日本人がいない環境で乳幼児を育てています。日本語をどう育んでいくか不安です。 このご質...
  7. Q.海外に長く住んでいて、子どものアイデンティティが心配です。日本人として育ってほしいのですが…...
  8. 2年前に日本食品のオンラインストアをオープンし、2021年12月22日にはジョージア州アトラ...
ページ上部へ戻る