シェル、代替燃料発電事業の買収も検討

 英蘭系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルは、将来に向けた戦略として環境エネルギー業界での買収も視野に入れている。
 
 ロイター通信によると、石油業界ではエネルギー市場における技術の急速な変化や各国の環境保護政策を受けて、化石燃料の時代の先をにらんだ経営計画策定の圧力が高まっている。世界2位の石油メジャーであるシェルは世界の石油・ガス生産の2%を占める時価総額2000億ドルの企業だが、一部の大手株主からは「気候変動リスクを緩和するためにもっと対策を講じるべき」との批判も出ている。
 
 シェルのベン・ヴァン・ビューデン最高経営責任者(CEO)はロイターに対し「当社は非常に懸命な観察者となり、機を見て行動を起こせる。この分野でわれわれが活発かつ指導的な役割を果たし、買収を計画することを確信している」と話した。シェルは現在、米国に合わせて約500メガワット(MW)の陸上風力発電施設を持っているほか、ブラジルにサトウキビからエタノールを作るビジネスを所有する。さらに最近は、オランダ企業2社と組んで同国沖の海洋風力発電施設建設事業に参画している。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  2. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  3. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  4. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  5. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  6. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  7. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  8. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
ページ上部へ戻る