日本企業、対米投資に慎重〜国内投資は拡大へ

 日本企業の3分の1は、4月からの2017年度に国内の事業投資を増やす予定だが、対米投資の拡大には多くが慎重になっている。
 
 ロイター通信が日本の大・中企業531社を対象に行い、190〜240社が回答した資本支出予想調査(17年1月31日〜2月14日に実施)によると、国内支出に関しては33%が「拡大する」、57%が「横ばい」と答えた。しかし対米支出は、トランプ政権による政策の先行きが読めないことを受け、「拡大する」は9%にとどまり、79%が「横ばい」と答えた。米国以外の外国投資は、21%が「拡大する」と答えた。
 
 多くの企業は「トランプ政権は雇用を創出し消費支出を促進する」と見ており、向こう1〜2年の米国需要は、半数強が「 拡大する」、27%は 「横ばい」、残りは「縮小する」と予想している。ただし、トランプ大統領の就任以降の言動を受けて米国関連事業への姿勢に何らかの変化があったかという問いには、85%が「ない」と答えた。
 
 日本企業は初めは非常に慎重な見通しを立て、状況を見ながら徐々に調整する傾向にあり、現在は法人税の「国境調整」や関税引き上げといったマイナス要因と、規制緩和や減税といったプラス要因を比較考慮中と見られる。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  2. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  3. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  4. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
  5. モンタナ州で グランピング体験 モンタナ州の北部、カナダとの国境に位置するグレイシ...
  6. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  7. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  8. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
ページ上部へ戻る