アマゾン、イベント入場券販売に進出へ

 オンライン販売とクラウド電算サービスの最大手アマゾン(Amazon.com)は、イベント会場の所有会社らと提携することで入場券のオンライン販売業に進出する。
 
 ロイター通信によると、イベント入場券の販売市場では、チケットマスター(Ticketmaster)が圧倒的支配力を握っている。しかしチケットマスターはオンライン販売に高額の手数料を課すことから、消費者の間では不満が募っている。そうした不満の解消と入場券の販売増を図って、イベント会場施設の所有会社やイベント主催業者(NFLやMLBといったプロスポーツ団体、娯楽興行サービス会社など)は入場券販売網の多様化を模索している。
 
 入場券販売は利益率の非常に高い商売で、アマゾンは同市場への進出を以前から狙っていた。今回の提携は、アマゾンとイベント業界の思惑が合致した格好だ。
 
 アマゾンは、英国では2015年から入場券のオンライン販売を始めており、順調な成果を挙げている。
 
 16年のチケットマスターの初期入場券販売高は16億ドルで、再販サービスからは2億5000万ドルを売り上げた。
 
 アマゾンは以前、チケットマスターとの提携を画策したことがあるが交渉が決裂した。入場券再販サイト最大手スタブハブ(StubHub、イーベイの子会社)とも提携しようと打診したが、まとまらなかった。
 
 米国内ですでに億単位の消費者情報を持つアマゾンが同市場に参入することで、チケットマスターとスタブハブの市場の一部は間違いなくアマゾンに奪われることになりそうだ。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る