スイッチ・オートメーション、米国進出

 集合住宅や商業施設向けのエネルギー管理ソフトウェアを手がける豪州企業のスイッチ・オートメーション(Switch Automation)は、米国市場の開拓に本腰を入れ始めた。

 同社は2009年、集合住宅向けのエネルギー監視装置を手がける企業として設立された。しかし、2011年に事業モデルを変更し、クラウド技術を生かしたソフトウェア開発会社に転換した。

 グリーンテック・メディア誌によると、ハードウェア開発の事業モデルは「あまりにも複雑」で事業成長が望めないことが明らかになったと、同社のデブ・ノーラー最高経営責任者(CEO)は話す。

 事実、建物管理技術を手がける企業のほとんどが、クラウド向けのエネルギー管理ソフトウェア市場攻略へと乗り出していた。

 エネルNOCやハネウェル、ジョンソン・コントロールズ、シュナイダー・エレクトリック、シーメンスといった多数の大企業が、サース(SaaS)製品を相次いで市場投入している。

 また、ハラ(Hara)やファーストフュエル(FirstFuel)、ノエシス(Noesis)、レトロフィシエンシー(Retroficiency)といった新興企業も、ウェブ基盤の監視ツールを開発している。

 スイッチ・オートメーションはこれまでにオーストラリアで集合住宅5件、商業施設30件以上のプロジェクトを手がけてきた。多数の企業が競う米国市場への参入に際しては、グリーン建物の開発プロジェクトに狙いを定めている。

 「ダッシュボードを開発している企業は山ほどあり、ほとんどは電力データの報告機能を中心としている」「当社は、グリーン建物と規制当局への報告を必要とする企業に焦点を絞っていく」と、ノーラー氏は説明する。

 ソフトウェア開発はハードウェア事業に比べれば敷居が低いが、スイッチ・オートメーションにはなおも解決すべき参入課題が残されている。米国市場で販路を拡大するには、電気工事を手がける業者や建物管理会社のつながりを開拓する必要がある。

 その点からも、新しい管理技術を積極的に取り入れる傾向があるグリーン建物を市場開拓の糸口にするのは、理にかなっているかもしれない。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る