低リスク消費者に特化した保険市場の開拓を狙う ~ DC拠点の新興企業ヘイロース

2018年7月に立ち上がったばかりのインシュアテック(Insurtech)新興企業のヘイロース・インシュランス(Halos Insurance、ワシントンDC拠点)は、保険をほとんど使わない消費者に特化した保険商品によって市場開拓を狙っている。

インシュアテックとは、インシュランスとテクノロジーの2語を合体させた造語で、保険業務向けの技術やソリューションを意味する。

インシュランス・ビジネス誌によると、同社の創設者サダデュル・セングープタ氏は、保険加入者の80%以上が保険かけ金の額ほど保険を使っていない、と指摘する。

「毎月の保険かけ金を決まりどおりに払い、安全かつ責任ある暮らしをしているそれらの人々は、保険を使う事故やケガ、病気と無縁の生活を送っており、保険金をほとんど請求しない」と同氏は話す。

同社の事業は、消費者向けの完全なるデジタル・プラットフォームだけで運営される保険サービスで、加入や審査、保険請求、支払いといったすべてをインターネット経由で処理する。それによって事業運営コストも引き下げられる。

保険情報研究所(Insurance Information Institute=III)によると、2010〜2015年に住宅保険の保険金を請求したのは保険加入世帯のわずかに6%で、集められた月々の保険かけ金の70%は、保険金請求世帯に支払われ、15%は保険金詐欺だった。

保険業者は、保険金詐欺による損失を穴埋めするために、保険かけ金を毎年のように引き上げている。その結果、1世帯あたり年間400〜700ドルの保険費増を強いられている、と指摘するFBIの統計もある。

業界大手のメットライフ(MetLife)がヘイロース・インシュランスを支援している。

【https://www.insurancebusinessmag.com/us/news/technology/insurtech-startup-aims-to-serve-lowrisk-consumers-109726.aspx】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る