塩野義のインフルエンザ治療薬にFDA承認

塩野義製薬は25日、1回の服用で治療できる抗インフルエンザ新薬「ゾフルーザ(XOFLUZA)」について連邦食品医薬品局(FDA)の承認を取得したと発表した。

同社のプレスリリースによると、ゾフルーザは錠剤を1回服用するだけでインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果が期待できる新薬で、日本ではすでに塩野義から発売されている。

塩野義はスイスの同業ロシュ・グループとゾフルーザの開発・販売で提携しており、日本と台湾以外での販売はロシュが行う。米国ではロシュ傘下のジェネンテックが数週間以内に販売を開始する予定。

世界では毎年、インフルエンザの流行で300万〜500万人が重症化し、65万人が死亡している(世界保健機関調べ)。

米国では毎年人口の3〜11%がインフルエンザにかかり、2017〜18年の流行期には90万人以上が入院、8万人以上が死亡した (疾病対策センター速報値)。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2020-4-2

    CCPA対策企画 Vol.3 プライバシーポリシーの更新

    2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
  2. 2019-1-17

    GK Design International Incorporatedアメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州ガーデングローブにオフィスを構えるGK Design International...
  3. 2017-2-1

    日本の食 自然志向最前線

    加熱処理しない 酵母や酵素が生きている味噌 Miso  以前はSoybean pa...
  4. 2017-2-2

    「アメリカには夢が転がっている。 つかめれば次につながる」

    20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  5. 2016-7-1

    ガラパゴスの旅〜後編

    6日目 サンタフェ島 ↓ サウスプラザ島  海の動物にも興奮させられる。...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る