塩野義のインフルエンザ治療薬にFDA承認

塩野義製薬は25日、1回の服用で治療できる抗インフルエンザ新薬「ゾフルーザ(XOFLUZA)」について連邦食品医薬品局(FDA)の承認を取得したと発表した。

同社のプレスリリースによると、ゾフルーザは錠剤を1回服用するだけでインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果が期待できる新薬で、日本ではすでに塩野義から発売されている。

塩野義はスイスの同業ロシュ・グループとゾフルーザの開発・販売で提携しており、日本と台湾以外での販売はロシュが行う。米国ではロシュ傘下のジェネンテックが数週間以内に販売を開始する予定。

世界では毎年、インフルエンザの流行で300万〜500万人が重症化し、65万人が死亡している(世界保健機関調べ)。

米国では毎年人口の3〜11%がインフルエンザにかかり、2017〜18年の流行期には90万人以上が入院、8万人以上が死亡した (疾病対策センター速報値)。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る