自動車燃費基準を緩和するな 〜 20州、現政権の提案を批判

カリフォルニアなど20州といくつかの主要都市が26日、トランプ政権に対し、前政権時代に規定された自動車燃費基準を緩和する新しい案を破棄するよう求めた。この日はトランプ政権の提案に対する意見提出の期限だった。

オバマ前政権が2011年に定めた基準は、25年までに平均燃費性能を2倍の1ガロン当たり50マイル程度に引き上げる内容。これに対しトランプ政権は、20年水準で固定し、それを26年まで続ける内容となっている。現政権はまた、カリフォルニア州が独自に厳しい排ガス基準を導入することを禁じる案も発表しており、26日は提案への意見提出の期限だった。

ロイター通信は、カリフォルニアのほかニューヨーク、イリノイ、マサチューセッツ、ペンシルバニア州を含む20州がトランプ大統領に提出した143ページの文書を事前に閲覧した。文書は現政権の提案について「違法」で「無謀」と指摘し、規制当局がこの案の施行を進めるなら各州は訴訟を起こすと宣言している。

一方、ゼネラル・モーターズ(GM)やトヨタ自動車、フォルクスワーゲン(VW)など自動車メーカー大手が加盟する団体は連邦政府に対し「市場の現実を認識しながら、環境やエネルギー目標に近づける達成可能な将来基準を設定してほしい」と要請した。

自動車メーカーは燃費基準の固定を支持せず、カリフォルニア州と連邦政府に対し、全米の排ガス規制を維持して長期にわたる法廷闘争を避けるよう求めている。

カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事は26日の会見で、大統領は「国内自動車産業を破壊する措置を取って」おり、「独りでデモリション・ダービー(車の破壊競争)をしている」と非難した。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る