自動車燃費基準を緩和するな 〜 20州、現政権の提案を批判

カリフォルニアなど20州といくつかの主要都市が26日、トランプ政権に対し、前政権時代に規定された自動車燃費基準を緩和する新しい案を破棄するよう求めた。この日はトランプ政権の提案に対する意見提出の期限だった。

オバマ前政権が2011年に定めた基準は、25年までに平均燃費性能を2倍の1ガロン当たり50マイル程度に引き上げる内容。これに対しトランプ政権は、20年水準で固定し、それを26年まで続ける内容となっている。現政権はまた、カリフォルニア州が独自に厳しい排ガス基準を導入することを禁じる案も発表しており、26日は提案への意見提出の期限だった。

ロイター通信は、カリフォルニアのほかニューヨーク、イリノイ、マサチューセッツ、ペンシルバニア州を含む20州がトランプ大統領に提出した143ページの文書を事前に閲覧した。文書は現政権の提案について「違法」で「無謀」と指摘し、規制当局がこの案の施行を進めるなら各州は訴訟を起こすと宣言している。

一方、ゼネラル・モーターズ(GM)やトヨタ自動車、フォルクスワーゲン(VW)など自動車メーカー大手が加盟する団体は連邦政府に対し「市場の現実を認識しながら、環境やエネルギー目標に近づける達成可能な将来基準を設定してほしい」と要請した。

自動車メーカーは燃費基準の固定を支持せず、カリフォルニア州と連邦政府に対し、全米の排ガス規制を維持して長期にわたる法廷闘争を避けるよう求めている。

カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事は26日の会見で、大統領は「国内自動車産業を破壊する措置を取って」おり、「独りでデモリション・ダービー(車の破壊競争)をしている」と非難した。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る