大統領、車関税の発動に「傾いている」と上院議員

上院財務委員会のチャールズ・グラスリー委員長(共和)は16日、トランプ大統領が輸入車への関税を前進させる可能性があると述べた。

ロイター通信によると、グラスリー氏は大統領および連邦通商代表部(USTR) のライトハイザー代表と定期的に協議している。同氏はこの日「大統領は(自動車関税の)発動に傾いている」と話した。「欧州は自動車関税を非常に懸念している。欧州を貿易交渉の席に着かせる道具になるかもしれない」とも語った。

輸入車や自動車部品に最大25%の関税を課すべきかどうかについて、商務省が2月中旬までに意見をまとめて大統領に進言することになっている。商務省の広報担当者はコメントを控えた。

グラスリー氏は、新しい関税を好まない考えを示しつつも「トランプ氏がホワイトハウスにいる間は日常の現実問題だ」と述べ、それが中国、カナダ、メキシコその他の国と貿易について話し合う時の「効果的な道具」だったかもしれないと話した。

 トランプ氏はEUに対し、輸入車に対する10%の関税の廃止するよう迫っている。米国は現在、輸入乗用車には2.5%、輸入小型トラックには25%の関税を課している。

 すべての輸入車や自動車部品に25%の関税を課すことには自動車業界が反対しており、国内および海外ブランドのメーカーはいずれも課税を食い止めようとロビー活動を行っている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る