大統領、車関税の発動に「傾いている」と上院議員

上院財務委員会のチャールズ・グラスリー委員長(共和)は16日、トランプ大統領が輸入車への関税を前進させる可能性があると述べた。

ロイター通信によると、グラスリー氏は大統領および連邦通商代表部(USTR) のライトハイザー代表と定期的に協議している。同氏はこの日「大統領は(自動車関税の)発動に傾いている」と話した。「欧州は自動車関税を非常に懸念している。欧州を貿易交渉の席に着かせる道具になるかもしれない」とも語った。

輸入車や自動車部品に最大25%の関税を課すべきかどうかについて、商務省が2月中旬までに意見をまとめて大統領に進言することになっている。商務省の広報担当者はコメントを控えた。

グラスリー氏は、新しい関税を好まない考えを示しつつも「トランプ氏がホワイトハウスにいる間は日常の現実問題だ」と述べ、それが中国、カナダ、メキシコその他の国と貿易について話し合う時の「効果的な道具」だったかもしれないと話した。

 トランプ氏はEUに対し、輸入車に対する10%の関税の廃止するよう迫っている。米国は現在、輸入乗用車には2.5%、輸入小型トラックには25%の関税を課している。

 すべての輸入車や自動車部品に25%の関税を課すことには自動車業界が反対しており、国内および海外ブランドのメーカーはいずれも課税を食い止めようとロビー活動を行っている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  2. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  3. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  4. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  5. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  6. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  7. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  8. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
ページ上部へ戻る