アマゾン、アレクサ・イン・スキル購入を国外展開 ~ 英国とドイツ、日本で開発業者らに開放

アマゾン(Amazon)がアレクサ(Alexa)向けアプリケーション開発者たちにイン・スキル購入(in-skill purchasing)を認めた1年後のいま、英国とドイツ、そして日本の開発者らにもそれを開放し、今後にはほかの国々の開発者らにも順次開放していく、と同社は1日に発表した。

アレクサは、アマゾンが開発した自然言語処理人工知能(仮想執事)。米国ではアレクサが可能にする応用機能(スキル)に対応したコンテントを第三者開発業者らが開発でき、特定のコンテントやコンテント内の機能に課金できるしくみがある。

アレクサ・スキルには無料と有料があり、それぞれのスキル向けにも無料と有料のコンテントがある。イン・スキル購入(スキル内課金)は、アレクサ・スキル対応有料コンテントを利用できるようにするしくみで、1回限り購入と継続(サブスクリプショ ン)購入の二つがある。

たとえば、アレクサ・スキルの任意の機能を使えるようにするためや、限定(有料)コンテントの錠(ロック)を解除するためにお金を払うといった行為がイン・スキル購入(スキル内課金)だ。有料コンテントの購読やゲーム内での有料キャラクター購入といった例がある。スマートフォン用無料ゲームの内部で特別の道具やキャラクターを買えるしくみと似ている。

アマゾンでは、そういった課金可能アプリケーションおよびコンテントをアレクサ・スキル向けに開発することを米国内に限定して外部開発業者らに1年前から認めていた。現在、アレクサには8万以上の「スキル」がある。

イン・スキル購入は、第三者開発業者らにとって新たな商機を創造できる機会だが、イン・スキル購入につながる利用者の割り合い(転換率)は高くても30%台で、また、それを実現するコンテントはほんの一部にかぎられる。アップ・ストアーで流通される数十万というアプリケーションのうち、利益を上げているものはわずか一部でしかないのと同じだ。

【https://techcrunch.com/2019/05/01/alexa-in-skill-purchasing-which-lets-developers-make-money-from-voice-apps-launches-internationally/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  2. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  3. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  4. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  5. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  6. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  7. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  8. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  9. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  10. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
ページ上部へ戻る