eコマース拡大で小型倉庫の需要が急騰

eコマースの拡大と配達の迅速化で、人口密集地の近くにある産業用スペースの奪い合いが激しくなっており、特に小規模な倉庫の需要が急騰している。

■賃料は5年で34%上昇

ウォールストリート・ジャーナルによると、不動産コンサルティング大手CBREグループのデータでは、米国では7万~12万平方フィートの倉庫の賃料が過去5年間に33.7%以上も上昇し、1平方フィート当たりでは平均6.67ドルに達している。同時にそれらの空室率は11.3%から7.4%に低下し、倉庫市場では最大の落ち込みとなっている。

これに対し、従来の小売りや産業用配送網を支えてきた大型倉庫など、25万平方フィートを超える大型の産業用スペースの賃料上昇率は15.6%にとどまっている。産業用スペース全体の賃料は2014年4~6月期から19年同期までに23.9%上昇した。

この結果、北東部、サンフランシスコのベイエリアのほかシカゴ、ロサンゼルス、ダラスといった主要都市の近郊でスペースを探す物流業者や小売店などは物件を見つけにくくなっており、CBREは「柔軟性が低下し、価格が上昇して、小さなプレイヤーにとっては厳しい状況」と指摘する。

CBREは、輸送・物流業者や小売店の間で高まっている軽工業用地や都市に近い物件の需要などによって、20年は産業用スペースの賃料が全体で約5%上昇すると予想している。

■目的は迅速配送

オンライン小売りアマゾンなどの販売大手は、eコマースの成長を受けて全米に多くの注文履行センターを開設しており、過去10年の産業用不動産市場に活況をもたらしている。こうした業者の多くは州間道路に近い100万平方フィート以上のスペースで配送作業を行っているが、最近は注文から2日以内の商品配達を期待する消費者が増えた都市部の近くに、小さな配送拠点を加える例が増えている。

これらのスペースの多くは、商品の保管ではなく迅速な配送を目的としている。アマゾンは、地価の高いニューヨーク市などで一部の注文履行センターの面積を縮小しており、最近シアトルでは大型配送トラックが進入できるランプを備えた3階建ての倉庫をリースした。複数階の倉庫は米国では初めてといわれている。

アマゾンは特典制度プライム利用者向けの配達時間を最大2日から1日へと短縮する計画で、小売店や物流業者には対抗を迫る圧力が高まっている。また、小さな倉庫の賃料高騰の背景には、近年の物流拠点の建設ではほとんどが大型施設に重点が置かれたこともある。CBREによると、新築倉庫のうち12万平方フィート未満の小型物件が占める割合は、1990年以降平均して約1%なのに対し、25万平方フィート超の大型物件は約3%を占める。

人口が密集した都市部に産業用スペース建設を考える土地開発業者は、小売り、集合住宅、オフィス、複合施設など、より高い税金や賃料が期待できる使い方との競合に直面している。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2019-2-4

    髪の色を決める「メラニン色素」

    私たちの体はメラニン色素で守られている 人間の髪の色を決めているのは、メラニン色素。シ...
  2. 2017-2-2

    「アメリカには夢が転がっている。 つかめれば次につながる」

    20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  3. 2016-10-2

    シリーズアメリカ再発見㊽ 地球は回っている ハワイ島マウナケアの日の出

     ホテルから迎えのバンに乗り込んだのは、午前1時半過ぎ。暗闇の中、バンは出発した。向かう先は...
  4. 2017-3-1

    【米国大手会計士事務所・ 所得税担当者監修】 個人所得税申告書の作成ガイド

    注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  5. 2019-1-4

    Shinano Kenshi Corporationアメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州カルバーシティのオフィスを構えるShinano Kenshi Corporati...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る