EV購入で燃料費大きく節約~ただしその幅には地域差

乗用車を化石燃料車から電気自動車(EV)に切り替えることで米国人は多額を節約できるが、長期的な節約の規模は、さまざまな要因によってかなり違ってくるという調査結果をエネルギー省が発表した。

グリーンカー・リポーツによると、EVの購入者は燃料費だけで15年間に3000~1万500ドルを節約できる可能性がある。これはEVの平均的な充電コスト(8~27セント/kWh)を基に算出された。充電にかかるコストは、電気料金、使用する充電機器の種類(AC充電かDC急速充電か)、充電機器の設置コスト、走行距離などさまざまな要因が影響してくる。

州ごとの違いもあり、ワシントン州では1万4500ドルが節約できる可能性があるが、4州(アラバマ、ハワイ、ミシシッピ、テキサス)ではEVに切り替えても節約効果がない場合があるという。

ただ、燃料費の節約は全体的な影響の一部にすぎない。テスラ以外のEVは価値の低下が早く、車を長期間持ち続けるつもりの消費者にとっては問題ないかもしれないが、早期の下取りを検討している消費者には負の影響を及ぼす。

全米自動車協会(AAA)はEVの所有コストの低さを利点に挙げ、その節約分で化石燃料車より高い平均購入価格を相殺できる可能性があると指摘する。しかし、消費者の多くは購入時にすべての利点を考慮しないため、初期費用の高さは依然としてEVへの切り替えの最大障壁となっている。

電池価格の継続的な低下と電池寿命の延長は、先行投資コストを減らすだけでなくより長期にわたってコストを償却するのに役立つ。最近のブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスの報告書は、電池の価格は23年までに容量1kWh当たり100ドルに下がり、EVの価格が内燃エンジン車と同等になると予想している。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  2. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  3. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  4. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  5. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  6. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  7. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  8. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
ページ上部へ戻る