マイクロソフトがTikTokを欲しがる5つの理由 ~ 消費者市場での成功欲と利用者データがカギ

マイクロソフト(Microsoft)が北京バイトダンス(ByteDance=北京字節跳動科技)傘下のティックトック(Tiktok)を買収するというのは、やや不自然に思われる。マイクロソフトは、法人向け事業を中核と位置づけてきてが、途中からアップルを意識して消費者市場に参入し始めた。マイクロソフトは、多くの分野でいくつもの製品やサービ スを投入してきたが、ことごとく失敗している。かろうじてエックスボックスだけが成功した。そのマイクロソフトが、完全なる消費者向け事業であるティックトックの買収になぜ積極的なのか。ヴァージ誌によると、その答えとして下記5つが考えられる。

1.マイクロソフトは、ティックトックの英語圏事業(米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)を買収することで、ユーチューブとフェイスブックに対抗できる大きなソーシャル・メディアを獲得できる。消費者市場に弱いマイクロソフトにとって、それは大きな魅力だ。

アルファベットにはユーチューブがあり、フェイスブックにはフェイスブックとインスタグラムがある。そのため、アルファベット(あるいはグーグル)かフェイスブックがティックトックを買収しようとすると、独占禁止法の審査対象になる可能性が高い。その点、マイクロソフトにはそれを心配する材料がない。

2.カギとなるのは、ティックトックの利用者データだ。マイクロソフトは、それらの英語圏4ヵ国のティックトック利用者データにアクセスできるようになると、今後のソフトウェア開発やプラットフォーム構築にともなう重要な材料を入手できる。

マイクロソフトは、エックスボックス・ライブの利用者データを長年にわたって活用し、各種のソフトウェアやハードウェアの開発に役立ててきた。消費者の嗜好や行動様式、市場動向、傾向に関する理解を深めるために、膨大な量の利用者データの解析は貴重な洞察を導き出すのに非常に有用だ。

3.そのほか、マイクロソフトは、10代から20代の利用者に圧倒的に使われているティックトックの利用者データを使えるようになることで、次世代の消費者に関する消費行動を学ぶ材料を大量に取得できる。

若い世代がiOSやアンドロイドの端末に慣れきったこの13年間ほど、アップルとグーグルは、次世代の消費者に関する情報をつねにつかんできた。法人市場に強いマイクロソフトの弱点もそこにある。ティックトック買収は、次なる主要消費者になる世代の情報を集める機会をマイクロソフトにもたらす。

4.マイクロソフトはさらに、ティックトックを買収すればサーフェスやエックスボックス、そのほかの機器やサービスをティックトック利用者らに宣伝する巨大プラットフォームを獲得できる。

5.それに加えて、ティックトックは拡張現実(AR)技術の応用も研究してきたことから、マイクロソフトも市場開拓をねらうAR事業との融合によって、ウィンドウズ基盤の複合現実(mixed reality=MR)やホロレンズ(HoloLens)、そのほかの先進的機能の実現と普及を加速させるという相乗効果を期待できる。

【theverge.com/2020/8/3/21352309/microsoft-tiktok-acquisition-deal-why-us-countries-data】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Vrbo Japan

注目の記事

  1. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
ページ上部へ戻る