メタとマイクロソフト、ワークプレイスとチームスを統合 ~ それぞれの利用者の相互アクセスを可能に

メタ(Meta、旧フェイスブック)とマイクロソフト(Meta)は11月10日、メタ・ワークプレイス(Workplace)とマイクロソフト・チームス(Teams)を統合する方針を打ち出した。

CNBCによると、同提携は、それぞれのオンライン動画会議および仮想協業プラットフォームの利用者らが当該アプリケーション内において他方のプラットフォームのコンテントにアクセスできるようにする。たとえば、ワークプレイス利用者はワークプレイス・アプリケーション内にいながらチームス動画会議に接続でき、チームス利用者はチームス・アプリケーション内からワークプレイスのコンテントにアクセスできる。

両社は、法人向けコミュニケーション・ソフトウェア市場で競争するが、実際には直接競合の関係ではない。ワークプレイスは、利用会社全体における従業員向けソーシャル・メディア機能に重点を置く。かたやチームスは、個々の従業員同士による動画対話やオンライン協業に照準している。

同提携は、それぞれの利用会社たちからの強い要望によって実現した。それらの利用会社には、アクセンチュアやヴォーダフォンといった世界的大手らが多数含まれる、とメタのワークプレイス責任者ウッジウォール・シン氏は話した。

「顧客らは、各種の機能を補完しあよう他社製品も併用している」と同氏は説明し、他社製品の機能と競争せずに顧客にとっての利便性を最優先して、協力できるところでは提携する、と話した。

両社の提携はメタにとって大きな恩恵となる。法人向けの遠隔協業または動画会議の市場では、ズームとチームス、そしてグーグル・ミートによって大部分が占められる。メタは、チームスと接続化されることで、同分野での存在感を一気に高めることができる。

ワークプレイスは2021年に5月に、有料サブスクライバー数が700万人に達したと発表した。かたやマイクロソフトは7月に、チームスの月間活発利用者数が2億5000万人に増えたと報告した。また、セールスフォース傘下のスラック(Slack)は、2019年9月時点での1日あたり活発利用者数が1200万人だと報告した。セールスフォースはそれ以降、スラックの利用者数を公表していない。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  2. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  3. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  4. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  5. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  6. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  7. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  8. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
ページ上部へ戻る