サース型スマート・グリッド分析を提供 〜ヴェルディーコ、小規模電力会社に

 サース(SaaS=Software as a Service)製品としてスマート・グリッド分析プラットフォームを小規模自治体の公益会社を主な対象に開発するヴェルディーコ(Verdeeco)は、ウェイク・エレクトリック・メンバーシップ・コーオペラティブ(Wake Electric Membership Cooperative)との契約を獲得した。

 ウェイク・エレクトリックは、ノース・カロライナ州で3万6500戸の顧客を有する電力協同組合。

 また、ヴェルディーコは、バラバラのデータを電力会社が使用できる具体的情報に変える同社初のアプリケーションと変圧器監視ソリューションも発表。

 最高経営責任者(CEO)のブライアン・クロウ氏によると、それらのアプリケーションは、一部顧客の間で1ヵ月未満での投資回収を達成しているという。

 故障を起こしつつある変圧器や効率的に使用されていない変圧器を検出するシステムでは、1ヵ月前後の投資回収というのも決して異例の速さではない。

 ヴェルディーコでは、他社より低いコストでこの種のアプリケーションを提供できる点を強調。

 同社のサースを有料使用している公益会社には、ウェイク・エレクトリックのほかに6社あるが、名前は公表されていない。同社では、顧客数を2013年末までに15〜20社に増やしたい考え。

 ヴェルディーコはアトランタ拠点の新興企業で、アトランタ・テクノロジー・エンジェルズ(Atlanta Technology Angels)、オーバーン・エンジェル・ネットワーク(Auburn Angel Network)、アップステート・カロライナ・エンジェル・ネットワーク(Upstate Carolina Angel Network)などから80万ドルを資金調達している。

 ヴェルディーコはまた、スマート・グリッド機器のメーカー数社と、技術統合をめぐる協議も進めている。

 クロウ氏によると、同社のデータ分析アーキテクチャーは、ハドゥープ(Hadoop)やカサンドラ(Cassandra)、NoSQLの組み合わせで構成されている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る