メリディアン、持続可能性製品でコスト削減 〜PEインターナショナルを採用

 ニュージーランドの再生可能エネルギー会社メリディアン・エネルギー(Meridian Energy)は、温室効果ガス排出状況の報告書作成を支援するソフトウェアを導入した。

 エンバイロメンタル・リーダー誌によると、今回の技術投資により、情報収集やデータ分析にかかる時間が短縮され、生産性を50%高めることができる、と同社は説明。

 メリディアンはこれまで、温室効果ガス排出状況の報告に表計算ソフトウェアを使っていたため、手作業によるデータ入力やデータ更新、確認が必要だった。

 新しく導入されたツールは、持続可能性コンサルティングを手がけるPEインターナショナルが開発したウェブ・ベースの情報管理システム「ソーファイ・エンタープライズ・サステイナビリティ・パフォーマンス(SoFi Enterprise Sustainability Performance)」。

 メリディアンではそれを活用することで、報告範囲を「スコープ3」の温室効果ガスにまで拡大する計画だ。国際団体のGHGプロトコールが策定した温室効果ガス排出量報告基準のスコープ3には、従業員の通勤や物品およびサービスの購入に関連した温室効果ガスの排出量が含まれる。

 メリディアンはニュージーランドおよびオーストラリアを中心に事業展開しており、小売店の顧客を中心にエネルギー使用削減方法に関するコンサルティングを行っている。

 PEインターナショナルのソフトウェアを使って自社のエネルギー使用量を削減することは、事業の信頼性を確立するうえでも重要性が高い、と同社の持続可能性担当者アリソン・ハワード氏は説明する。

 PEインターナショナルの持続可能性報告支援ツールは最近、製紙大手のキンバリー・クラークにも採用されたばかり。キンバリー・クラークでは、このソフトウェア導入により7500万ドルから1億ドルの経費削減ができると見込んでいる。

 PEインターナショナルのほかの顧客大手には、バイエル、クラフト・フーズ、ユニリーバ、フォルクスワーゲンがある。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る