先進バイオ燃料は採算取れず 〜開拓企業の元CEO、事業形態の破綻を指摘

 先進的バイオ燃料の市場開拓に取り組んできた化学者のアラン・ショー氏は、「ガソリンより安い燃料を食物以外の生物資源から作るのは無理」と表明し、業界から正式に身を引いた。今後は、天然ガスを使った燃料の開発に専念するという。

 ブルームバーグ・ニュースによると、同氏は、米国で最初に上場した先進的バイオ燃料開発企業コデクシス(Codexis)の元最高経営責任者(CEO)で、現在はカリスタ・エネルギー(Calysta Energy)のCEOを務める。

 「穀物のかすや木くず、スイッチグラスといった植物材料からガソリンに代わる安い燃料を作ることは不可能。この事業形態は破綻している」と同氏は述べた。

 コデクシスは国際石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルの支援を受けて2006年に設立され、シェルから6年間で3億7500万ドルの資本を投入されたが、新燃料事業を2012年8月に閉鎖し、現在は製薬事業に切り替えている。同社の先進バイオ事業を率いたショー氏は、2012年2月にカリスタに移籍し、現在、天然ガスを使った燃料の開発に取り組んでいる。

 米国では新たな掘削技術による「シェール革命」で天然ガス価格が1990年代の水準まで下落したため、エネルギー分野の投資家の興味は、従来のバイオテク企業からカリスタのような化石燃料基盤の新ベンチャーに移っている。

 シルリア・テクノロジーズ(Siluria Technologies)のエドワード・ディニーンCEOも、2013年1月にバイオ燃料会社LS9のCEOを退任し、現在は、マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発したメタンをエチレンに変換する技術の商業化に取り組んでいる。エチレンは世界で最も価値の高い化学商品で、年間売上高は1750億ドルに上り、燃料の生産にも使える。

 ショー氏によると、先進的バイオ燃料の開発にはいくつもの障害があり、なかでも最大の問題は、原料として必要なバイオマスの生産が予想したほど簡単でも安くもないことだ。エタノール1トンを作るのに約6トンもの原料が必要になる。現在も営業するジーヴォ(Gevo)は2012年9月に、生産量が予想を下回ったため主力工場を休止しており、アミリス(Amyris)やソラザイム(Solazyme)も収入のほとんどを利益率の高い化学製品の販売から得ている。

 植物の糖分を油に変える藻を開発したソラザイムのジョナサン・ウォルフソンCEOは、「先進バイオ燃料の研究は始まったばかりで、開発には時間がかかる」と話し、利益を出せないという考えに反論する。

 それに対しショー氏は、「微生物に有機物を消化させ炭化水素を作るという先進バイオ燃料の基本構想は正しい。問題は原料に植物を使う点にある」と説明した。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る